« バランスボール | トップページ | ホルモン占い »

2006/08/05

日本語の不思議

「日本語の不思議」。本日の日テレ“世界一受けたい授業”で、武田鉄矢が講義していたテーマである。

またひとつ、いや、ふたつ、日本語の面白さが深まった。

日本語は、他の言語に比べ身体を使った表現が豊富だという。

胸を撫で下ろす、肩の荷が下りる

腑に落ちない 

 のど元からつかえて腑(おなか)に落ちていかないこと。

 つまりは、日本人は、おなかで納得している。 頭でではない。

等等。

また、腰を使った表現も多い。

逃げ腰、弱腰、腰を落ち着ける、話の腰を折る 等等。

この様に身体を使った表現が多いことから、身体語とも呼ばれている。

日本語には、表と裏があるいう。 表とは能の面、裏とは面をとった姿。 

建前と本音。

見せる部分と心。

日本人は、表と裏もうまくつかっている。

例えば、裏「うら」を使った表現

-

うらやましい

「裏」+「やましい」 = 「心」+「病」

人をうらやましいと思うことは、心の病にかかったことを表現している。

-

裏切り

「裏」+「きる」=「心」+「きる」

心をきられた痛みを受けたことを表現している。

-

恨み

「裏」+「見」=「心」+「見られた」

心を盗み見られた思いを表現している。

-

語源は、諸説あるらしいが、なるほどと思う。

この様な知識で思いを巡らすだけでも日本語に愛着がわいてくる。

仕事中にまじめな話しをしていた時のことだ。

(仕事中なので、まじめな話をするのは当たり前なのだが)

そこに、くだらない話しで盛り上がる同僚の一人が、茶々を入れてきた。

その時、頭に来て、思わず口から出た言葉は

 

「人の腰の骨を折るんじゃねぇ」 

 

 

一瞬の間の後、周りは爆笑となってしまい、まじめな話に戻る事ができなくなった。

「そうだよね、人の腰の骨を折っちゃいけないよね」と同僚。

「人の話の腰を折るな」と言うべきだった。

|

« バランスボール | トップページ | ホルモン占い »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/11291068

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の不思議:

« バランスボール | トップページ | ホルモン占い »