« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

アモイでの食事

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

アモイに行って、初めの頃。

接待に使うようなレストランで、よく食事をしていた。(連れて行ってもらっていた)

美味しいことは美味しいが、それほどとは思わなかった。

ビールを飲みながら適当に食べれていれば充分だった。 

あるとき、庶民的な店(?)に連れて行ってもらった。

水餃子がやたら旨かった。 他に何を頼んだか覚えていないが、出てくる料理全てが、今まで連れて行ってもらった店より旨かった。

そこにいた日本人全員(5人ぐらいだったと思う)が、「旨いなぁ~」。

連れて行ってくれた中国の方が、

「安い店のほうが美味しいんですよ。」

(日本人全員)「えっ?」

 

それ以来、連れて行ってもらうときは、庶民的な店となった。

もちろん、高い店でも旨いところもあった。

そのときに口から出るのが「高い割には、旨いなぁ」。

反対語として「安い割には、まずいなぁ」

アモイに滞在して半年ほど経ち、日本から応援が来て、

アパートで二人で生活するようになった。

そのころから、美味しいお店を探すのが楽しみになった。

 

何軒か行ってみたが

高いなと思うところは、大して美味しくなく、

やはり、安いところはうまかった。

うまい店では、やはりチャーハン(炒飯)が良かった。それに炒面も。

好物になったのが、

小さい牡蠣をお好み焼きのように卵で閉じた料理、

酸味の味をつけたキャベツとホルモン(腸)のスープ、

セロリの入った水餃子。 

 

これが、アモイでの食事だ。 いや、思い出の食事だ。

応援に来た人は4ヶ月ほど滞在し、帰国したのだが、

その後、西北拉面に通うようになった。 

一人でも入りやすいし、何よりも旨い。

と、記事を書いていると無性に食べたくなる。

  このお店

    高い割には

        美味しいな

ランキングへの協力、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

西北拉面

一元いくら?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/29

メンテナンスを楽しむ

腰痛に要通院だったが、日常生活にはほとんど支障がない状態になった。

いつまでも身体は同じ状態ではない。

少しは自分の身体と相談しないとダメだろう。

適当に休養

無理は禁物

 

けっして、年だからというネガティブなことではない。 

自分の心身のメンテナンスを楽しみながら生活しようということだ。

メンテナンスは誰かにお任せの、車、オートバイで

ただがむしゃらに早く走るのではなく。

 

自分の癖などを考えて

少しずつ改良を加える

乗り方を変える

成果があったことを喜ぶ

パフォーマンス少しずつあげる

その工程を楽しむ。

メンテナンスを楽しむということだ。

適度に休養を入れ少しずつ前進するのを楽しむ。

一週間で、どのぐらい仕事をしたかよりも、

どのぐらい休養をとったか休養明細(※1)を残しておくのもいいだろう。

  毎日の

    メンテナンスを

        楽しもう

ランキングへの協力、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

腰痛にて休養


(※1)ここでいう「休養明細」とは、「給与明細」をもじったものである。念のため。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/28

腰痛に要通院

タイトルは、間違いなく「腰痛に要注意」をもじったもの。 「腰痛に要通医」でも可。

 

昨日は、「腰痛にて休養」。 今日も午前中、接骨院に行った。

回復具合は順調。 

昨日は、車の運転は無理だろうと思って、親父に連れて行ってもらった。

今日は、顔を洗うために屈むこともできた。 

運転に差し支えないだろうと判断し、自分で運転した。 

昨日とは運転の差(※1)である。

 

順調に回復していても油断は禁物。 

明日も接骨院に行くことにしよう。

  回復は

    順調だけど

        要通院

ランキングへの協力、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

腰痛にて休養


(※1)ここでいう「運転の差」とは、「雲泥の差」をもじったものである。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

腰痛にて休養

昨夜から腰痛が痛み始め(頭痛が痛いみたいな表現)、今朝になっても症状が治まらなかった。

今は、急ぎの仕事が無いため、思い切って休養日にすることにした。(休養日にしなくても仕事はできそうになかったが・・・)

立って歩くことはできるのだが、座っているのがしんどい。 

屈めない。 顔を洗うのも一苦労。

近所の(車で20分)整骨院に行って診てもらうことにした。

名医で評判のところで、ありがたいことに早朝から診察している。(朝5時頃から?)

受付を済ませ、待合室に行くと、おばあちゃん、おじいちゃん達がいっぱい。

ちょっと馴染めなかったが、そんなことはいっていられない。

約一時間待って、ようやく診療。

腰に電子治療器を当て筋肉をほぐす。

横になって、足をあげたり、曲げたり、身体全体をぐっとひねったりで、ほとんど痛みもなく終了。

少し楽になった。

家に戻り、座っているのがつらいので、横になった。 そのままウトウト。

昼飯を食いに起きる。 更に楽になった。 食い終わると横になった。 そのままウトウト。

夕方4時ぐらいに目を覚ます。 かなり、楽になった。 

座っているのが、そんなに苦痛ではない。

あと2日あれば普段どうりか?

以前、腰を痛めたことがあったので、ゆる体操バランスボール等、腰には気を使っていたのだが・・・。

毎日、地道にやっていた柔軟体操。 昨日の夜、いつも以上に無理をしたのがたたったのかもしれない。

無理したことを反省。 

地道に進めるべきものは、地道に進めたほうが良い。 調子に乗って頑張りすぎるとツケが回ってくる。  

  地道でも

    成果はいつか

      きっと来る

ランキングへの協力、クリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/26

太極拳

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

Dscf0002_4

2002年11月17日、アパート近くの「不夜城」内で撮影。

太極拳(?)をやっている様子。

扇子(?)をもってやっていた。 

 

滞在中に太極拳を覚えたいと思っていたが、機会がなかった。

  太極拳

   できれば覚えて

     みたかった

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/25

自動のもの

最近、朝晩がめっきり冷えてきた。 

秋が来て、また冬が来るのだなと感じる。

車のエアコンをオートで動作させている。 

ついこの間まで、ずっと冷房で動作していたなと思っていたが、お盆を過ぎた辺りから、時々、暖房が動作しているようだ。 

最近は、夜になると足元からほのかに暖かい空気が流れてくる。

エアコンが自動であると、こんなことでも季節を感じれる。

現代風の季節感といえるだろうか。

自動といえば、いろいろなものが自動になってきている。

トイレの蓋の開閉。

水を流すことも自動のトイレがある。 やり過ぎじゃあないかと思う。

子供の頃から、こういった自動のトイレを使うと、

トイレで用が済んだら水を流すという習慣を失くしてしまいそうだ。

客先に自動うがい機を設置している会社があった。

せっかくなので、良く使わせてもらっていた。

便利に使わせてもらっているのに言うのもなんだが、

この機械、自動では、うがいができなかった。 

自分で、のどを「ガラッ、ガラッ、」としないといけない。

機械は、のどを「ガラッ、ガラッ、」としてくれない。 

なんで、自動うがい機なんだ?

と余計な揚げ足をとってみる。

自動ドア。 いつ頃からだろうか、スイッチを押すと開く自動ドアがでて来た。

センサで感知して開くのなら自動ドアと呼んでも良さそうだが、スイッチを押さないといけないのに自動ドアというのは・・・。

個人的には、スイッチを押す自動ドアが好みだ。

センサ感知のタイプは、ドアの前に行ってから開くまでの時間が、ひどくとろいものもある。千差万別だ。(センサと千差でかけている。念のため)

また、寒い所で、待っているときに(何を?)ドアの近くに行ってしまい、自動ドアを開けてしまう。 外から冷たい空気が入ってきて、他の人のひんしゅくをかう。

センサの感度調整が難しいのだろう。

感度調整が難しいのなら、センサの代わりに人間が押すスイッチにしたら? 

そんな発想で生まれたのではないかと思う。

自動化から少し後退することでよくなった事だと思う。

  自動化は

    児童的には

       いらんだろ!

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■参考記事

saraya.com:コロロ自動うがい器、様々な機能が自動化されている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/24

湯気が奏でる香

小さな幸せ : あったかいお酒の恋しくなる季節が。昨日出逢った表情。

寒い夜には、思わず手をのばしたくなる魅力がある表情。

心身ともに温めてくれる表情。

 

こんな言葉が浮かびあがった。

  骨 凍みて

    湯気が奏でる

        香が恋し

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■トラックバック

小さな幸せ : あったかいお酒の恋しくなる季節が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

彼岸

今日は、彼岸

何か、目標を達成できたら

悲願達成」と叫ぶことができる。

  いや、酒場無くても良い。   酒場は必要だ。 

  叫ぶ必要は無い。

 

目標を達成しなかった人は、達成した人を見てひがんでいるかもしれない。

 

  彼岸にて

   彼岸悲願達成

     ひがんでる

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■参考記事

彼岸 - Wikipedia

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/22

逃げるトマト

昨日のトマトの続き。

比較的、トマトは箸でつかみにくい。 箸でつかみ易くないといった方が適当だろうか?

マヨネーズがかけてあると、難易度が若干増す。 

先日、父がトマトを食べようと箸をのばした。 箸が伸びたわけではない。

おしい、口まであと少しのところで、トマトが箸から逃げた。

トマトは、父の腕をつたって、テーブルに落ち着いた。

マヨネーズがかけてあるトマトだったため、父の手首、肘の辺りにマヨネーズが付いた。

行儀が悪いが、手首のマヨネーズを舐めた。 私ではない。 父がである。

次の目標は、肘となった。

この肘が曲者だった。

すぐ、目の前にあるのに舌が届かない。 

顔全体のパーツが、肘のほうに動こうとしているんだが、微妙に届かない。

自分でも試してみた。 やはり、届かない。

そこに届く人はいるのだろうか?

オレンジの印が付いたところがマヨネーズが付いた辺り。

Dscf0014

この写真を撮るとき感じたのだが、

自分の肘を肘とわかる様に、自分で撮るのは難しい。

  トマト逃げ

   マヨネーズ味の

     肘 遠く

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

トマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/21

トマト

トマト。 好きな野菜の一つだ。

ここ、一週間ほど、家の畑で取れるトマトの量が食べて消費する量の1.5倍ぐらいになっている。(毎年の事だが)

つまり、食いきれない量を食う。

 

食べ方は、

生のままスライスするだけ。 (方言で、「はやす」という)

ミニトマトは、はやさない。 そのまま。

あとは、マヨネーズをかけて食う。 命はかけない。

91.5%ぐらいの確率でマヨネーズをかけるのだが、

「何かけて食べる?」 ととりあえず言う。

まあ、スモールトークというやつだ。

金田一君なら「じっちゃんの名にかけて食べる」とでもこたえるだろうか?

ところで、トマトにつけるものといったら何だろう。

先も言ったように、家ではマヨネーズが1位だ。

そして、塩(8.5%以下だろうか)。

小さい頃は、砂糖も候補に挙がってた。 今では、ほとんど無い。

あとは、確率は低いが、ブルドックソース、

醤油。

トマトケチャップをつける人を見たことあるが、もともとトマトが主原料なのでどうかと思う。

食べきれないほどの量なので、当然ながら残る。

捨てるのももったいないので、ミキサーでジュースにして飲む。 

食いきれない分を飲むことで補完している。

ジュースにしても、量が多いので、直ぐにはなくならない。

ペットボトルにいれて、冷蔵庫で保管するが、一日置くと、酸味が増してくる。

(発酵してしまうのだろう)

うかつにぺっと、ペットボトルを開けると、すごい勢いで噴出してくる。

開けるときには注意が必要だ。

  トマト食べ

    トマトを飲んで

       まだ、トマト

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

とうもろこし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/20

カップ焼きそば -その2-

先日、書いたカップ焼きそばに関連して。

 

ぺヤングは、残業のお供だ。 残業前に忘れずに備えておかなければならない。

 

売店がある会社のときは、その時その時買えばいいのだが、

売店が無い小さな会社にいたときは、箱で買っていた。

いわゆる、大人買いというやつだ。

たしか、当時、1個当たり95円ぐらいだったと思う。

箱で買っておくと、同僚から、

「1個いい?」と訊かれる。

100円で取引していた。 

別に5円儲けようと思っていたわけではない。 お釣りが無いだけだ。

とある日。

今日も遅くなりそうな予感。 そろそろ、ぺヤングにしようと思った。

あいつも食うかなと思い、同僚の一人に声を掛けた。

 

「そろそら、腹減ってこない? ぺヤング食べる?」

 

「いや、そんなに遅くならないから、帰ってから食べる。 ぺヤングは、いいや」

とそっけない答え。

 

「あっそう。 じゃあ、一人で食べよ」といい、給湯室に向かう。

お湯を注ぎ、準備万端整える。

3分を待つ間、コーヒーを飲みながらぼぉっとする。

 

 

お湯を捨て、割り箸をくわえ、ソース、スパイスを加える。

ソースの良いにおいが立ち込める。

きちんと混ぜて、食す。

 

同僚がニコニコした顔でやってきた。

「いい?」

手にしているのは、ぺヤング。

「さっき、食わないって言ってたじゃん」

 

「いや、いいにおいがして・・・」

そう、残業のときに、このにおいは、魔力なのだ。

  残業の

   お供に ぺヤング

      大人買い

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

カップ焼きそば

■参考記事

ペヤングソースやきそばとは - はてなダイアリー

はてなダイアリー - ペヤングとは

■追記

ぺヤングの販売地域は、東日本の一部だという。

てっきり、全国区だと思っていた。

大人買いならこちらで

         ↓

ぺヤング やきそば (1ケース18個入り) 120g

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/09/19

カップ焼きそば

良くチェックしているサイト DPZ に面白い記事が出ていた。

カップ焼きそばに革命が!? 本当に焼いたカップ焼きそば試食

食べてみたい。

カップ焼きそばといえば「ぺヤングソースやきそば」、通称「ぺヤング」である。
(あくまで私の見解)

1975年に発売されたというから、自分より10歳年下か。

息の長い製品だ。

ぺヤングといえば思い出す事がある。

 

残業のお供に「ぺヤング」は、欠かせないものだ。(これも私の見解)

夜8時過ぎに、まだまだ仕事が終わりそうにナイト、「ぺヤング」を夜食に食べていた。(毎回というわけではないが・・・)

ある日、給湯室でぺヤングのお湯を捨ているとき(給湯室での最終工程だ)、隣の課のいつも残業を頑張っている人が、「ぺヤング」を持ってやってきた。

 

「やはり、夜食には、ぺヤングですよね」

 

などと、スモールトークをして、席に着く。 

席について、スパイス、ソースを混ぜた。

隣の課の電話が鳴った。 さっき、給湯室に行った人にかかってきたらしい。 

給湯室から戻ってきて、電話に出ていた。

混ぜ終えたぺヤングを食べる。 やはり、夜食にはぺヤングだ。

もう少し食べたいと思う量だが、夜食は、その程度がいい。

食べ終え、再び仕事に没頭する。

 

一時間ぐらい没頭しただろうか。

隣の課の人も、仕事に没頭していた。 隣の課とは、仕切りが無いので、お互い仕事の様子が良く見える。 そういえば、電話が長かったなと思う。

ふと、気になって声を掛けた。

 

「ぺヤング、食べた?」

「・・・」 直ぐに反応しない隣の課の人。

 

「あっ、お湯を入れたままだった。」

 

慌てて駆けていく隣の課の人。

 

給湯室から「うわっ」と声が聞こえたので、給湯室に行ってみた。

 

隣の課の人が居た。

目が合うと

「お湯が切れない・・・」と一言。

何のことか直ぐに分からなかった。

 

そう、麺が全てのお湯を吸ってしまったのだ。

やわらかそうな麺だ。

「つゆだく」状態だ。 ちと、違うか?

 

それでも、ソース、スパイスを入れる隣の課の人。

想像したくない状況だ。

笑うしかない。

 

食べ終わった後、感想を訊いてみた。

「不味い」の一言。

  ぺヤングの

    カンソウ(感想、乾燥) 麺を

      戻しすぎ

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

ラーメン食べた

音声認識システム

青になりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/18

ラーメン食べた

チャルメラ。 今日の昼飯に食ったインスタントラーメン。 

子供の頃から知っているインスタントラーメン。

好みの味だ。

 

1966年9月に発売されたとのこと。

私より一つ年下か。

子供の頃、「チャルメラ」 と、「キャラメル」 が似ていると想った。

「キ」と「チ」の形が似ていて、後は並び替えだ。

そのせいか、おやつのようなラーメンというイメージがある。

悪魔で(あくまで)、私個人の見解だ。

「ラーメン」といえば思い出すことがある。

 

友達と二人で、それまでに行ったことのないラーメン屋さんに入った。

期待していたが、裏切られた味だった。

つまり、おいしくなかった。 まずかったということだ。

まあ、食えないほどのまずさではない。

好きな人には、たまらない味なのだろう。

さっさと食って、さっさと店を出た。

 

奴には、以前、奢ってもらったことがあったので、その日は私が奢った。

 

店を出た後、奴が言った。

 

 

 「いや~ぁ、今日は、○○(私の名前)まずいラーメン奢ってもらっちゃった!」

 「ごちそうさま!」

 

 

お礼の意味が含まれているのか、ようわからん。

「なんちゅう言い方すんだっ」と笑って返したが・・・。

  ラーメンを

    食って まずいと

      お礼言う

ランキングへの協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング


■関連記事

出前一丁

西北拉面

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/17

FDD解体

FDD。 フロッピーディスクドライブの略称だ。

最近、フロッピーディスクはご無沙汰している。 ほとんど使わない。

無くなったわけではない。 今でも棚の一部で散乱している。 
(増えてはいないから産卵しているわけではない。)

そのフロッピーディスクのドライブを解体した。 
(買いたいと思ったわけではない。)

その解体されるFDD
Dscf0007_3

 

上面から
Dscf0008_2

 

下面から
Dscf0009

 

大まかに解体
Dscf0010

 

分解完了
Dscf0011

所要時間:約30分

 

解体しようと思った訳は、

もう使わないので処分したかったからだ。

処分する上で、鉄、基板、線材等に分類すれば引き取ってもらえる。

解体する作業は好きなので、楽しみでもあった。

きっちり、解体したので、これで引き取ってもらえるだろう。

  解体の

    金でなにかを

      買いたいな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/16

中国語の歌を覚える -次の曲へ-

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

中国語の歌を覚える

中国語の歌を覚える -歌詞とピンイン-

中国語の歌を覚える -まねる-

中国語の歌を覚える -口が動き始める-の続き。

 

5日目。口の周りの筋肉痛が少し治まった感がある。 昨日より、口がスムーズに動くようになっている。

耳も馴染んだおかげで、自分の発音の悪さがわかってくる。

休み明けに、発音の仕方を教えてもらおう。 直ぐに良くなるわけではないが・・・。

 

発音の良し悪しは別として、そこそこ、へたに(?)歌えるようになると、レパートリーを増やしたいと欲がでてきた。

別のお気に入り曲を選び、同じように、

 歌詞を写し取り

 ピンインを調べ

歌詞とピンインを見ながら、

 まねて歌う

作業を重ねる。

 

ピンインを調べる作業は、回を重ねるごとに早くできるようになった。

ピンインが分かっている漢字が増えてきたからだ。

なんとか、休み中に「中国語の歌を1曲を覚える」誓いを果たした。

完璧ではないが・・・。 

それに、うまいかどうかは分からない。

単に自己満足だ。

散歩中に口ずさむ。

自分のアパートに会社のスタッフを招いて、食事会をした時のこと。

アルコールも回り、盛り上がった頃。

「真心英雄」を歌い始めたら、みんなと合唱になった。 スタッフは、私が中国語の曲を歌えることに驚いたようだ。

楽しかったな~。

  つらつらと

    覚えた歌を

      口ずさむ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/15

中国語の歌を覚える -口が動き始める-

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

中国語の歌を覚える

中国語の歌を覚える -歌詞とピンイン-

中国語の歌を覚える -まねる-の続き。

 

3日目。 朝起きると、口の周りが筋肉痛。中国語を発音するために今まであまり使わなかった筋肉を動かしたためだ。

以前、英語のトレーニングをしているときもそうだった。

筋肉痛になるということは、トレーニングが効いているということだろう。 一人満足する。

 

相変わらず、ノートに書き取った歌詞とピンインを見ながら、曲を聴き、まねる。

あるフレーズが、うまく口から出てくる。

「おっ」

驚き。

嬉しい。

 

だが、そのフレーズだけだ。 他は、ぼろぼろ。

 

3日間で、何回聴き、何回歌っただろう。

そして、4日目。

あっちこっち、つかえながらも、口から出てくるようになった。 ほぼ1曲分。

嬉しい。

ますます、トレーニングに夢中になる。

 

ある程度、口から出るようになると、耳のほうも変わってきた。

1日目より、格段に音を細かく聴けるようになっていた。

自分の発音との比較がクリアになる。

自分の発音が違うのにガックリ。

 

まだまだ、道のりは遠い。 

何回も何回もの聴く、歌うで、メロディーが脳にこびりついた感じ。

おかげで、外で散歩していても、どこかでメロディーが流れている感じがするし、口ずさんだりする。

ステップを一つあがったようで嬉しい。

 

続きは、また後で・・・。

中国語の歌を覚える -次の曲へ-

  筋肉痛

   成果 あらわれ

      くち 踊る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/14

中国語の歌を覚える -まねる-

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

中国語の歌を覚える

中国語の歌を覚える -歌詞とピンイン-の続き。

 

ノートに書き取った歌詞とピンインは、こんな感じ。

1ページ目

Dscf0004_1

 

2ページ目

Dscf0006_3

ノートに書き取った歌詞とピンインを見ながらVCDを再生する。

ピンインの読み方を知らないので、歌を聴きながらまねてみる。

口をどう動かして、どう発音したらいいか全く分からない。

難解な作業だったが、何回も何回もやっていればきっとうまくできるようになるだろう。

 

VCDは、同じ曲を繰り返すように設定する。

連続で同じ曲を聴く。

 

飽きてきたら、他の曲や、テレビ番組をみる。 あるいは、外へ出たり・・・。

気を紛らわす。

 

2つ日目、朝起きると、また同じ曲を繰返しで再生する。

ノートに書き取った歌詞とピンインを見ながら、音を聴きながら、口を動かしてまねてみる。

思うように音を出せない。 歌えない。

が、とにかく続ける。

 

続きは、また後で。

中国語の歌を覚える -口が動き始める-

  何回も

   耳で覚えて

     口で出す


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

中国語の歌を覚える -歌詞とピンイン-

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

中国語の歌を覚えるの続き。

中国語の歌を覚えようと決意した時点の自分自身の中国語のレベルは:

 ・ピンインの読み方は分からない。 四声があることは知っていた。

 ・ニィハァォ、シェシェは、知っていた。 使っていた。

 ・耳で覚えた、「先帰ります」程度の言葉を使っていた。

 ・一応、中国語テキストのような本を持っていた。

程度である。 ほとんど0だ。

 

で、用意したものは:

 ・「真心英雄」が収録されているVCD

 ・DVDプレーヤ(VCDを再生)

 ・中国語の国語辞典(中国語の意味が中国語で記述されている)

 ・ノート、ペン

 

最初の作業に取り掛かる。

目的の曲をVCDで再生させた。 ありがたいことにVCDに収められている曲は、ほとんど、カラオケ用のため歌詞が表示される。

歌詞が表示されたら、一時停止し、歌詞をノートに書く。

そして、再生。

と、繰返し、ノートに歌詞全部を書く。

歌詞全部をノートに書いても読み方が分からない。

そこで、中国語の国語辞典を使って一文字ずつピンインを調べる。

ここで気が付いたのだが、VCDで表示される漢字は、繁体字で、普通に使われているのは、簡体字だったこと。

一文字ずつピンインを調べるときには、

部首

画数

を頼りに探した。

これには、えらい時間がかかった。

午前10時頃、何気なく作業を開始したのだが、

没頭し、

熱中し、

全ての歌詞のピンインを調べ終わったのは、

午後5時。

途中、少しは休憩したが、7時間ほどかかったことになる。

 

先に書いたように、この時点で、まだピンインの読み方を知らない・・・。

続きは、また後で。

中国語の歌を覚える -まねる-

中国語の歌を覚える -口が動き始める-

  熱中し

   時の流れを

     忘れさる


■関連記事

中国語の歌を覚える

エルバ・シャオ

サンディ・ラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

中国語の歌を覚える

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

2002年4月末、ゴールデンウイークでの休暇の時だ。

休暇が明けるまでの間に中国語の曲を1曲歌えるようになろう。

そう誓った。 誰にということではない自分自身に対してだ。

 

選んだ曲は、「真心英雄」。

デパートなどでも良く流れていたので聞く機会も多く、誰もが知っている有名(?)な歌だった。

映像を見ると分かるが、ジャッキーチェンも参加して歌っている。

お気に入りの曲だったので、歌えるようになりたいという思いが強かった。

 

さて、どのようにして歌えるようになったか・・・。 また後で。

中国語の歌を覚える -歌詞とピンイン-

中国語の歌を覚える -まねる-

中国語の歌を覚える -口が動き始める-

 一曲を

  覚えてみよう

    中国語で


■関連記事

エルバ・シャオ

サンディ・ラム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/11

壁紙を作る

リアル壁紙|ノンジャンルの面白ネタ【シュミ2】 。いつも面白い事を企てているので楽しみにしているブログ。

今回は、「リアル壁紙」。 本物の壁紙を壁紙にするとは!。

なるほどと思い、壁紙に出来るものを考えてみた。

「壁が『み』」を作ってみた。

Photo

なんか、気持ち悪い。

実際にデスクトップに貼り付けてみる。

Photo_1

デスクトップがシンプルなので、スクリーンショットのイメージがほとんど変わらない。

調子に乗って、「壁が『ミ』」を作ってみた。

Photo_2

文字というより、記号の様な、原っぱの草を書いたような絵になっている。

結果はみえているが、デスクトップに貼り付けてみる。

Photo_3

「書」としての「み」一文字、

味のある手書きの文字、

子供が書いた文字

等であれば、おもしろいかもしれない。

  壁紙で

   遊びほろけて

      今、何時?


■関連記事

壁紙

■トラックバック

リアル壁紙|ノンジャンルの面白ネタ【シュミ2】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/10

家族の携帯

ラジオから

「家族の携帯も変わってきまして・・・」

と聞こえてきた。

 

そうだな、今や一人に一台。

子供用にはキッズ携帯

お年寄りには、機能限定、文字大き目の携帯。

家族割引もあるし・・・

等と考えていたら。

 

続きは、

「昔は、お父さん、お母さんがいなくても

お爺ちゃん、お婆ちゃんが孫の面倒診て・・・」

だった。

 

携帯ではなく、形態だったか・・・。

最近、「ケイタイ」といえば、「携帯」として使うことが多い。

しかも、「携帯電話」の略称の「携帯」としてだ。

 

「携帯に掛かってきた」

「携帯、忘れた!」 それじゃ、「婦警隊」いや、「不携帯」だろう。「不携帯、持ちました」もありだろうか?

「携帯に連絡して」 この場合、携帯電話のメールを示すこともある。

 

小六の姪っ子も「携帯」は、携帯電話の略だということを教えたら驚いていた。

家の親に、使い方が簡単な携帯電話を買ってやった。

だが、ほとんど、「不携帯電話」だ・・・。

また、初期の携帯電話に比べ、機能が豊富になった。

メール機能、時計、ネット、カメラ、電子マネー・・・。

今は、電話のためというより、メールのために持ち歩いている人も多いだろう。

多少、電波の状態が良くなくても連絡を取れるので便利である。

 

「最近の携帯は、電話の機能も付いている」というのが、冗談でなくなりそうな勢いである。

  携帯の

   形態 変わり

     元は なに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

髪切りました

今日、髪切った。 噛み切ったわけではない。

Before
Head

 

After
Head2

照明の関係で光ってしまっている。

 

これで、風で髪型が乱れるのを気にしなくても済む。

ついでに、プロフィールの画像も入換えよう。

  さっぱりと

    余計なものを

      そげおとす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンディ・ラム

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

会社のスタッフとスーパーに買い物に行ったときの事だ。

BGMで流れている曲。

前から気になっていた曲。

スタッフの一人に曲のタイトルと歌手を訊いた。

有名な曲らしい。

 

その曲が、サンディ・ラム「至少還有你」

仕事が終わった後、CD屋に直行。 すぐに見つかる。

すっかり気に入った。

  お気に入り

   あっち、こっちで

      口ずさむ


■リンク

YouTubeからのコレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

質問には、正確にこたえよう

仕事の合間に一人休憩しているときだった。

同僚の M さんが、バタバタ急ぎ足で、走り回っていた。

どうも、誰かを探しているようだ。

みんなに、誰かの居場所を聞いている風だった。

まあ、そんなに広いわけでもないし、

10人ほどしかいないのだから、

そんなに時間も掛からないだろうと

構わず、ボォッとしていた。

 

すると、M さんが私のほうに向かってきた。

私にも聞きたいのだろうか?

そうか、私が今いるところは、出入り口、トイレの近くだ。

出掛けたか、トイレにいるなら、私が知っていると考えたのだろう。

 

そのM さんが、やって来た。

「ねえ、H さん知らない?」

ああ、H さんね。

私は、答えた。

続きを読む "質問には、正確にこたえよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

エルバ・シャオ

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

中国語のポップスを聴いていて、最初にファンになったのが「エルバ・シャオ」

そして、この曲。 「一个人的精彩」

後に、他の良い曲も聞くのだが、出会いは、「一个人的精彩」。

炭酸飲料になった「エルバシャオ」

2003年3月1日撮影

Dscf0002_3

帰国後、気に入った曲は、これ「幸福的地図」

行きたくない仕事に出るときに、この曲を聴いて出掛けていた。

  つらいとき

   幸せの地図に

     はげまされ


■リンク

萧亚轩(エルバ・シャオ)

YouTubeからのコレクション

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クイズ 「横顔」

クイズ。

アルファベットで横顔は何?

 

 

 

 

2つ該当する。

 

 

 

答えは

続きを読む "クイズ 「横顔」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/06

前夜祭

「前夜祭」。 今日、運転中にラジオから流れてきた言葉。

この後、「後夜祭」と流れてきた。

 

何となく、耳に残ったので、繰り返してみた。

「ゼンヤサイ、コウヤサイ」

「ゼンヤサイ、コウヤサイ」

「ゼンヤサイ、コウヤサイ」

 

もう一つ、言葉を付け加えたくなった。

「ゼンヤサイ、コウヤサイ、・・・・」

「ゼンヤサイ、コウヤサイ、・・・・」

 

「ゼンヤサイ、コウヤサイ、リョクオウヤサイ」

「ゼンヤサイ、コウヤサイ、リョクオウヤサイ

 

すっきりした。

 

だが、五・五・七調だ。 

やはり、五・七・五調でなければ・・・。

  前夜祭

   緑黄野菜

      後夜祭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際展示センタ

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

アモイには、国際展示センタがある。

毎年の「中国国際投資貿易洽談会」がもうすぐ開催される。

もうすぐ「九・八」ですね!<-参照

そういえば、滞在しているとき、9月になると、外国人をよく見た記憶がある。

いや、そもそもアモイでは、自分が外国人なのだから、外国人を良く見るようになったという言い方はおかしいのだが・・・。

 

国際展示センタといえば、カレーハウスを思い出す。

初めて、国際展示センタに入ったとき、「あっ、日本語!」と、思いながら撮影した。

何度か、ここのカレーにはお世話になった。 

Dscf0001_1

Dscf0002_2

2001年11月25日に撮影した写真。

長期滞在する前に、短期で滞在したときのものだ。

  雅子さん

    こんなところで

       会えるとは・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/05

リズム感☆日記

「リズム感☆日記」。 女優、遠野凪子のブログ。

好きな女優。

好きなブログ。

ほぼ毎日更新されている。

また、ファンからのコメントにも応えてい

(当然の事だが、全てのコメントに応えているわけではない)

 

リズム感☆日記: 感激しすぎて… では、

前回の記事にコメントしてくれたファンの名前を呼んでくれていた。

 

すげ~、と思いながら、

コメントしなかった事を残念に思った。

 

残念な事に

 

以前は、コメントを受け付けていたのだが、

今は、受け付けていない。

 

おそらく、迷惑なコメントが多数寄せられたからと思う。

2度ほど、そんなコメントを見たことがある。

 

残念な事だ。

遠野凪子ファンの暖かいコミュニティーになっていたのに・・・。

 

また、コメントが復活することを望んでやまない。

  遠くから

   沖へとつづく

    野を見てた

 

  凪の風

   銀の雲鳴く

    声がする


■関連サイト

凪リズム☆遠野凪子 OFFICIAL WEB SITE

凪リズム☆遠野凪子 ブログ以前の日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/04

日本人離れ

「日本人離れした○○○」。 

ポジティブなイメージを持つ言葉として使われる事が多い。

そうあって欲しくはないのだが・・・。

 

スポーツ界では、 

 「日本人離れした体格」

 「日本人離れしたジャンプ力」

 「日本人離れした骨格」

等など・・・。

 

語弊があるかもしれないが、欧米式のトレーニングしているから欧米に似た体格、骨格をした人たちが突出してくるのではないだろうか?

 「外国人離れした体格」

 「外国人離れしたジャンプ力」

 「外国人離れした骨格」

が、ほめ言葉というかポジティブな言葉になって欲しいものだ。

純和風(?)の顔立ちをしている人へのほめ言葉

    「外国人離れした顔立ちしてるよね」

 

使えるだろうか?

 顔立ちを

  外国離れと

   ほめられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/03

アモイ空港

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

2002年10月27日に撮影したアモイ空港だ。

Dscf0002_1

Dscf0005

Dscf0006_1

Dscf0008_1

当時、前埔店上西里に住んでいた。

アモイ空港まで歩いていったのだが、

1時間か、1時間半かかったと記憶している。

 

次の日、会社のスタッフに歩いてアモイ空港に行ったことを話すと

 なんで、歩いていくんだ?

 空港に何の用事があったんだ? 等、

どうも、私の行為が信じられないようだった。

ただの散歩だったのだが・・・。

 

帰りは、バスを使った・・・。

空港の事を中国語だと"fei ji chang"と発音するが、

私には、“フェイ じーちゃん”と聞こえ、なんとなく親しみを覚える。

 フェイじーちゃん

  タクシー乗り込み

   呼んでみる。

         帰国のとき、タクシーにて


■関連記事

アモイ空港への道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

一元いくら?

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

一元は、約15円として換算して使っていた。

日常品に関しては、驚くほど安いと感じた。

 

主な生活必需品(?)の価格

朝食に食べていたお粥 2.5元 38円
バス 1元 15円
バス(冷房付き) 2元 30円
西北拉面 5、6元 75円
使い捨てライタ 1元 15円
知人の結婚式の祝儀 200元 3000円

 

 

しかし、「安いから買う、使う」では、単なる浪費になってしまう。

何か、基準になる価値感を身に付ける必要を感じた。

 

ヒラメ居た!、いや、閃いた。

注目したのは、『使い捨てライタ』だ。 いわゆる、100円ライタと呼んでいるものだ。

一元=100円

では、どうだろう。 換算も簡単だし。

 

改めて、値段を換算してみると

朝食に食べていたお粥 2.5元 250円
バス 1元 100円
バス(冷房付き) 2元 200円
西北拉面 5、6元 5、600円
使い捨てライタ 1元 100円
知人の結婚式の祝儀 200元 20,000円

だいたい、感覚としてあっている。

ただし、電化製品などは、一元100円で換算すると、異常に高いものになる品もある。

 

以降、金銭感覚が変わった。

 

数枚の100元札を持つ事が怖くなった。

「今、5、6万(円)持っている」ような感覚になったからだ。

 

食事をするときは、なるべく十元以内で。(十元以上は、贅沢)

等など・・・。

 一元の

  価値100円で

   どうだろう

この記事は、一元の価値、いや、一見の価値はあっただろうか?(ぼそっ)


■参考記事

NBonline(日経ビジネス オンライン):世界鑑測  田中信彦「上海時報」 1元は10円か、それとも100円?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/01

カミさん似だ

NHK朝の番組 生活ほっとモーニング

今日は、「この人にトキメキっ!小松政夫」だった。

イッセー尾形との二人芝居や

伊東四郎との『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』

の映像が紹介されていた。

 

『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』。 懐かしい。

デンセンマン、デンセン音頭・・・。

テレビから離れたときだったが、「カミさん似だ」という声が聞こえた。

きっと、子供の話でもしているのだろう。

 

脳内では、内容よりも「カミさん似だ」という音が気になった。

 

なんだっけ・・・。

 

 

 

 

「カムサンニダ」

 

韓国語だった。

「ありがとうと」いう意味だっただろうか。

 

似ている。

「カミさん似だ」と「カムサンニダ」。

 

どうでもいいことだが・・・。

 カミさん似だ

  子がほめられて(?)

   カムサンニダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »