« 髪切りました | トップページ | 壁紙を作る »

2006/09/10

家族の携帯

ラジオから

「家族の携帯も変わってきまして・・・」

と聞こえてきた。

 

そうだな、今や一人に一台。

子供用にはキッズ携帯

お年寄りには、機能限定、文字大き目の携帯。

家族割引もあるし・・・

等と考えていたら。

 

続きは、

「昔は、お父さん、お母さんがいなくても

お爺ちゃん、お婆ちゃんが孫の面倒診て・・・」

だった。

 

携帯ではなく、形態だったか・・・。

最近、「ケイタイ」といえば、「携帯」として使うことが多い。

しかも、「携帯電話」の略称の「携帯」としてだ。

 

「携帯に掛かってきた」

「携帯、忘れた!」 それじゃ、「婦警隊」いや、「不携帯」だろう。「不携帯、持ちました」もありだろうか?

「携帯に連絡して」 この場合、携帯電話のメールを示すこともある。

 

小六の姪っ子も「携帯」は、携帯電話の略だということを教えたら驚いていた。

家の親に、使い方が簡単な携帯電話を買ってやった。

だが、ほとんど、「不携帯電話」だ・・・。

また、初期の携帯電話に比べ、機能が豊富になった。

メール機能、時計、ネット、カメラ、電子マネー・・・。

今は、電話のためというより、メールのために持ち歩いている人も多いだろう。

多少、電波の状態が良くなくても連絡を取れるので便利である。

 

「最近の携帯は、電話の機能も付いている」というのが、冗談でなくなりそうな勢いである。

  携帯の

   形態 変わり

     元は なに?

|

« 髪切りました | トップページ | 壁紙を作る »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/11833412

この記事へのトラックバック一覧です: 家族の携帯:

« 髪切りました | トップページ | 壁紙を作る »