« カミさん似だ | トップページ | アモイ空港 »

2006/09/02

一元いくら?

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

約1年半滞在していた。

一元は、約15円として換算して使っていた。

日常品に関しては、驚くほど安いと感じた。

 

主な生活必需品(?)の価格

朝食に食べていたお粥 2.5元 38円
バス 1元 15円
バス(冷房付き) 2元 30円
西北拉面 5、6元 75円
使い捨てライタ 1元 15円
知人の結婚式の祝儀 200元 3000円

 

 

しかし、「安いから買う、使う」では、単なる浪費になってしまう。

何か、基準になる価値感を身に付ける必要を感じた。

 

ヒラメ居た!、いや、閃いた。

注目したのは、『使い捨てライタ』だ。 いわゆる、100円ライタと呼んでいるものだ。

一元=100円

では、どうだろう。 換算も簡単だし。

 

改めて、値段を換算してみると

朝食に食べていたお粥 2.5元 250円
バス 1元 100円
バス(冷房付き) 2元 200円
西北拉面 5、6元 5、600円
使い捨てライタ 1元 100円
知人の結婚式の祝儀 200元 20,000円

だいたい、感覚としてあっている。

ただし、電化製品などは、一元100円で換算すると、異常に高いものになる品もある。

 

以降、金銭感覚が変わった。

 

数枚の100元札を持つ事が怖くなった。

「今、5、6万(円)持っている」ような感覚になったからだ。

 

食事をするときは、なるべく十元以内で。(十元以上は、贅沢)

等など・・・。

 一元の

  価値100円で

   どうだろう

この記事は、一元の価値、いや、一見の価値はあっただろうか?(ぼそっ)


■参考記事

NBonline(日経ビジネス オンライン):世界鑑測  田中信彦「上海時報」 1元は10円か、それとも100円?

|

« カミさん似だ | トップページ | アモイ空港 »

小さなアモイ生活」カテゴリの記事

コメント

厦門で、知人と数人で食事したとき、かなり食べたのに7元だったような気がします。
冬でも厦門は割りと暖かいような気がしました。
雪なんか絶対に降らないようなところですね・・・
中国語の先生(厦門出身)は、日本(静岡県浜松市)に来て初めて雪を見たそうです。

投稿: tin-hk | 2008/10/29 20:32

>tin-hkさん
数人で7元とは、安いですね。
厦門で、寒いと感じたのは、12月、1月、2月ぐらいだったと思います。 
友人に雪景色の写真を見せたら感動してました。厦門じゃ、雪は見れないでしょうから。 

投稿: すもーるげーと | 2008/10/30 10:50

こんばんは!
この金銭感覚同感です!!
100元は一万円の価値でした
日本ではまず行くことのできない高級なお店などは200~300元。なかなか一回の食事にはこのぐらいは出せませんもんね。
そうして慣れてくると元→円の換算をしなくなりますね。一時帰国のときは円→元に換算してたくらいです(笑)

投稿: みどりがめ | 2010/04/15 22:12

>みどりがめさん
共感してくれますか。
嬉しくなります。
僕だけの大発見のような気持ちでいるものですから…。

円を元に換算ですか。
長くなると、そんなこともあるかもしれませんね(笑)
僕はそこまでは、なりませんでしたが、なんとなくその感覚はわかります。

投稿: すもーるげーと | 2010/04/16 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/11727331

この記事へのトラックバック一覧です: 一元いくら?:

« カミさん似だ | トップページ | アモイ空港 »