« 思い出せない… | トップページ | スミの違い »

2006/11/17

みがか

鏡は左右が逆に映るといわれる。

左右が逆に映るのに、なぜ、上下は逆にならないの?

といった疑問も生まれてくる。

 

が、鏡は左右が逆に映るのではなく、前後が逆に映るのだという。

詳しい説明は→鏡像はなぜ左右だけ逆なのか

 

「子供は親の鏡」というが、

子供は、親の左右逆、

あるいは前後逆に育つのだろうか?。

と、考えるのは無駄だな・・・。 

鏡を二枚、直角にくっつけると、更に左右が逆に映る。

それが、下の写真。

Dscf0004_4

ボールペンの左右が逆になって映っているのが分かる。

 

上から見ると、こんな風。

Dscf0005_2

この鏡、全て100円ショップで材料を揃えた。

  • 直角に支えるための金具
  • 鏡と金具を固定する両面テープ

この鏡、左右の感覚がおかしくなる。

自分の顔の右側が、僕からみた鏡の左側に移っている。(漢字を間違えたわけではない、あえて、この感じにした)

髭剃りなんかが、途端に難しい作業になる。

 

最近流行の「脳トレーニング」になるかも・・・。

  いつもとは  

    左右が逆で

          脳つかう

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


|

« 思い出せない… | トップページ | スミの違い »

小さなものづくり」カテゴリの記事

コメント

すもーるげーとさんの日記を読ませていただくだけで、結構“脳のトレーニング”になってます。発想が縦横無尽ですから(笑)

電車が発車するとき窓ガラスに映った風景を見ると、進行方向と逆方向に景色が動き出すので頭がクラクラする時があります(^_^)

投稿: kazz | 2006/11/18 07:43

わかるようでわからない・・・みかがの世界ですねw

私もkazzさん同様、すもーるさんのBlogは
脳のトレーニングになってたりしますw

でも、お化粧なんかするのに
三面鏡を使うと全然仕上がりが違うんですよね

見ている、見えているようで
実は見えていない事が多い。
(何か色々考えて行くと・・・どんどん深くなるじゃないですかw)

電車ネタに便乗させて頂くと
子供の頃・・・走ってる電車の中で宙に浮いたら
隣りの車両に移動出来るんじゃないか?と
電車に乗る度に、よく真上にぴょんぴょん飛んでたんですけど
全然ダメでしたw(説明下手でごめんなさいw意味わかります?w)

大人になってから・・・何処かの先生wみたいな人が
(車内の空気がどーのこーのとw)
その事を説明してらっしゃるのをTVで観たんですが
未だ納得出来ず・・・車内に人が少ない時など
ちょっとだけ飛んでみたくなりますw

すもーるさんも、きっとそうでしょう?w
(そうだと言って下さいw)

それから、強いの件ですがw
いつまででも、分かるまで考えられる。の強いですw

投稿: PASERI | 2006/11/18 20:27

>kazzさん
僕のブログが「脳のトレーニング」になるようでしたら、ガンガン齷齪、いや、アクセスしてください。
ハードトレーニングになるようでしたら、控えめにしてください。(笑)

電車の件は、ありますよね。 わかります。 
最近の新幹線は、振動も少ないので、動いた実感がなく、ふっと感覚がおかしくなる時があります。
 

投稿: すもーるげーと | 2006/11/18 23:46

>PASERIさん
ぜひぜひ、「脳のトレーニング」してください。 これからも意味不明なものを書いていきます。(笑)

それから、タイトルは「みがか」です。
「かがみ」の逆です。

そうか~。三面鏡は、この鏡のように映るんですかね? 三面鏡を見たときどんなだったか覚えていないな~。
女性は、この手の鏡も違和感なく使えるんでしょう?。

電車ネタは、
そうですね、僕もそう思ってます。(笑)

だから、電車の中で持っていたものを落とすと、隣の車両まで取りにいくことになって大変なんですよ。(笑)

強さの件は了解です。 最近は、わからない事があるとすぐネットで検索してしまいます。
 

投稿: すもーるげーと | 2006/11/19 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/12724075

この記事へのトラックバック一覧です: みがか:

« 思い出せない… | トップページ | スミの違い »