« 声を聞かせて | トップページ | 入と出 »

2006/12/09

日本語と中国語

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

そのときに感じたこと。

 

日本と中国の交流の事を

日本では、日中交流といい、

中国では、中日交流という。

当たり前の事だと思うが、

初めて見たとき違和感があった。

 

「中日」と見るとドラゴンズが連想される。

(中日ファンであるというわけではない)

バスケットの試合を見ていた時、(会社VS会社のレクレーション)

試合をジャッヂしている人(いわゆる審判)の胸に名札らしきものがあった。

名前が書いてあるのかなと思っていたら、

そこに書かれていたのは「裁判」。

 

中国語では「審判」のことを「裁判」というのだなと理解した。

 

ちょっと大げさ、と思って後で聞いてみたら、

「審判」と「裁判」の意味が、日本と中国で反対なのだそうだ。

 

漢字を使う国同士といっても、意味が違う場合があると認識した事件。

  漢字でも   

    ところ変わって

          意味変わる   

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


|

« 声を聞かせて | トップページ | 入と出 »

小さなアモイ生活」カテゴリの記事

コメント

中国の事は全然わからないのですが
昔の歴史・・・ラストエンペラーや西太后など
映画を観るのは大好きで
一時期、ハマった事があります^^

投稿: PASERI | 2006/12/10 08:31

>PASERIさん
中国から戻ってから「ラストエンペラー」、TV朝日の「流転の王妃」とかを良く見るようになりました。
それまでは、ほとんど関心がなかったんですけどね

投稿: すもーるげーと | 2006/12/10 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/13001951

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語と中国語:

« 声を聞かせて | トップページ | 入と出 »