« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

続々・エレベータにて

エレベータにて続・エレベータにて

先輩にやり込められていた。

いつか、お返しをと考えていた僕。

 

出張での宿泊先。 

先輩も一日遅れの出張で、

同じホテルに宿泊する事に。

 

僕らは、仕事の後に飲みに行くことにした。

まずは、ホテルの部屋に荷物を置いて、

直ぐにロビーに集合。

 

僕は、昨日から宿泊していたので、

フロントから鍵だけ受け取る。

続いて、先輩が、チェックインの手続き。

「じゃあ、先に部屋に荷物を置いてきます。」と僕。

そして、エレベータに。

 

エレベータで上の階に。

部屋に着く。

荷物を置いてすぐに出る。

 

エレベータは、まだその階にいた。

つまりは、まだ先輩は、エレベータの「上り」を押していない。

「下り」ボタンを押すと直ぐに扉が開く。

 

エレベータ内に乗り込み、

行き先の階を押すのを忘れていると

扉が閉まり、下がり始めた。

つまりは、先輩がエレベータの「上り」を押したということ。

僕は、ふと思いつき、

思いっきりドアの近く、中央に立った。

 

エレベータに乗り込もうとするときに、

そんな位置に人がいたら

ビックリするだろうと思ったから。

 

ちょっと、期待に胸弾ませて、一階になるのを待つ。

 

一階に到着。

扉が開く。

 

 

思いっきり間近に先輩の顔。

 

お互い、ビックリして半歩下がる。

 

先輩もドア間近に。

 

なんてこった。

お互い、同じ事を考えていた。

 

大人気無い(おとなげない)。

  ビックリだ  

     大人気ないな

                     お互いに

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

踏切にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/30

続・エレベータにて

エレベータにてで先輩のいたずらにやられてから数日。

今度は、僕が先にエレベータに乗り、

先輩が来るのを扉を開けたままにして待った。

先輩は、エレベータに乗るかと思いきや、

「階段で行くから! 競争!」

と言って、階段をものすごい勢いで下りていった。

 

僕は、エレベータの扉を閉めた。

(閉めるのボタンを押したという事)

 

エレベータは、動き始めた。

が、すぐに止まった。 3階で。

扉が開いたが、誰もいない。

「閉める」のボタンを押す。

 

扉が閉まり、エレベータは動き出す。

が、またすぐに止まった。 2階で。

扉が開いたが、誰もいない。

「やられた。」と小さく呟く僕。

 

階段で先に行った先輩、全階で、「下り」のボタンを押していったのだ。

(全開で全階のボタンを押していった)

 

一階につくと、ちょっと息切れ気味の先輩が立っていた。

勝ち誇ったような顔。

大人気無い(おとなげない)。

  おとなげない  

     一度ならずも

                     二度までも

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

踏切にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/29

フードコート

ショッピングモール、空港などにある食事のためのスペースで、複数の店舗に対し、客席が店舗の共有スペースになっている。

あまりにも食べたいものが違うグループでも同じ場所で食事できて便利。

 フードコート - Wikipedia

メニューの選択に時間が掛かる人には、かえって害かも。

コート、決めたら、さっさと注文するのが良い。

  迷わずに  

     コート 決めたら

                     注文だ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/28

エレベータにて

仲の良かった先輩と、あるビルの4階から降りようとしているときのこと。

先輩が、下りのボタンを押し、エレベータが来るようにリクエストした。

エレベータが来ると先輩が先に乗り、僕がちょっと遅れて乗った。

お決まりのようにエレベータの階表示のところを眺める僕。

エレベータのドアが閉じ始めると、

突然、先輩が飛び出した。

「一階まで、競争!」

あっけに取られていると、

エレベータのドアが閉まり、下降。

3階で止まり、ドアが開く。

誰もいない。

「やられた。」と小さく呟く僕。

2階のボタンもランプがついている。

 

全部の階を押して、飛び出したのだ。

 

一階につくと、ちょっと息切れ気味の先輩が立っていた。

勝ち誇ったような顔。

大人気無い(おとなげない)。

(『だいにんきない』ではない)

  おとなげない  

     いたずら ごときで

                     息切らす

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

専門用語

エレベータにて in アモイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/27

看病

日本語では、(家族などが)病人の世話をする事を意味する。

中国語では、診察を受けることや、医師が治療をすることを意味する。

発音を表すピンインで、kan bing と表記し、

どちらも第四声だ。(高い音から、一気に下げる声調) 

 

発音は、日本語の「缶・ビン」に近い。

第四声なので、それぞれ「缶・ビン」を

地面に叩きつけるような感じで発音する。

(実際に叩きつけたりしないように) 

 

同じ漢字でも、意味が微妙に違う感じ。

  日中で  

     漢字 同じで

                  感じ 微妙

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

日本語と中国語

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/26

キウイフルーツの実

わが家の畑にあるキウイフルーツ。

毎年、そう多くの実がなるわけではないが、両親が育てている。

 

僕は初めて見るのだが、

これから大きくなる、小さな実。

キウイフルーツの実

キウイフルーツの実

キウイと発音しているが、キュウリと似ていて紛らわしい。

キュウリは、発音をかなで書くと「きうり」と間違えやすい。

(ような気がする)

同じように、キウイは、「きゅうい」と間違えそう。

(な気がする)

 

球威フルーツか?

なんか、すごいスピードで飛んできそうな感じ。

  秋までに  

     球威のある実が

                  なるのかな

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

キウイフルーツ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/25

暖房

昨日は、夏かと思う晴れた天気と暑さ。

そして、今日は、雨模様(つよくは無い)、強風、寒い。

最高気温が10℃近く下がったと聞く。

 

工業製品の耐久試験をしているような温度変化。

 

そんななか、車の運転中にラジオで聞いた話。

 

あるリスナーからのお便り。

「あまりに寒いので、こんな季節なのに、だん・・・」

僕は、この時点で暖房を入れたというのかと思った・・・。が、

「ダンボールで仕切りを作り、暖を取りました。」 とのこと。

 

具体的に、どのようにダンボールを使ったのかわからないが、

きっと、風が入るのを防いだのかなと思う。

 

ふと思った。

 

ダンボールで暖を取ったら、ボールじゃないのか。

 

「暖房する」略して

「暖房る」→「ダンボール」

 

ん~っ、また余計な事に脳みそを使ってしまった。

  ダンボールで  

     暖房すること

                  暖房る

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

アケビの実

わが家の畑に生息しているアケビ

そのアケビの実。

初めて見る。

アケビ

中央と右上の黒いのがそれ。

秋までに大きくなっていく。

 

アケビ

小さくて黒いバナナのような感じ。

全ての実が大きくなれば豊作だが、

どんどん落ちていく。

 

アケビ

左側の二本は、全て落ちてしまっている。

 

はてさて、秋には、どれぐらい実をつけているか。

途中経過の写真を撮影したら記事にしよう。

  秋までに  

     いくつ のこって

                  実を鳴らす

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

孟宗

地元では、孟宗の季節。 湯田川孟宗が有名。

 

わが家では、湯田川孟宗が出回る前に

静岡から孟宗が届く。

 

送られてきた孟宗を見ると、

「もう、そう。

 そんな時期か」 と思う。

 

こちらの旬より、一ヶ月ほど早い。

その孟宗がこれ。 (4月15日に送られてきたもの)

孟宗

食べ物の好み」にも書いたが、孟宗の根元が好み。

歯ごたえがあるからだ。

孟宗をみると、つい、その歯ごたえを妄想してしまう。

 

今日の夕飯には、もらい物の孟宗の孟宗汁。

まだ、味が染みていなかったが、歯ごたえは楽しんだ。

味が染みた、明日の朝が楽しみ。

  孟宗を  

     見ては 歯ごたえ

                      妄想し

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/22

ブルーベリー

早朝のわが家の畑。

ブルーベリーのつぼみを撮影。

初めて、こんな間近で見た。

つぼみ

朝露がからんで、早朝の感がする。(と思う)

花が開くと、釣鐘のようになるらしい。

ブルーベリーといえば、目に良いといわれる

アントシアニンを多く含む果実として知られている。

 

それに、わかさ生活のブルーベリーアイの CM。

 

「ブルブルブルブル アイアイ ブルベリアイ」

のフレーズが、耳にこびりつきそうな CM 。

 

その CM のキャラクター、

名前を「ブルブルくん」というそうだ。

サイトには、ブルブルくんダンス振り付けコーナーもあった。

覚えてみようかな~ (言ってみただけ)

  ブルーベリー  

     アントシアニンが

                    目玉だな

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

歯磨き

クチコミの技術」で知った歯磨きのやり方。

(「いい歯磨きなんて簡単だ」参照)

実践して1ヶ月半になる。

 

自分なりの解釈で実践しているが効果は抜群。

(と感じている)

1.一日に一回、十分ほど磨く
  僕は、風呂に入ったとき、湯船に浸かりながら磨く

2.歯磨き粉をつけずに磨く
  歯磨き粉は、研磨剤を含んでいるので、
  磨きすぎは、歯を削ってしまうから

3.最後に一分ほど、歯磨き粉を着けて磨く
  口の匂い消しのため。

 

初めの10日間ほどは、20分ほど磨いた。

今は、10分。

 

初めは、歯茎から血が出てひどかった。

一週間ほどすると、歯茎から血が出ることは無くなった。


 

僕が感じた効果は、

  

疲れがたまったときなど、奥歯の歯茎が疼いたが、

今は、ほとんど無い。

 

磨いているとき、痰がからんでくるが、

回を重ねるごとに少なくなり、

普段、痰がからむ事が少なくなった。

 

磨き終わると、歯、歯茎ともにすっきりする。

 

 

簡単な方法なのだが、10分が長く感じる。

今は、湯船に入って、考え事をしながら磨いていて、

割と短い時間と感じるようになった。

10分間が、面倒と思うよりも習慣になったようだ。

ある手段を考えるときに、

効果のある方法とか、

本質を突いた方法というのは、

意外にシンプルなのではないかと感じる。

 

ただ、成果をだすためには、

継続すること

コツコツと積み重ねること

それが、できるかどうかだ。

  シンプルを

     継続してこそ

          力 なり

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/05/20

食べ物の好み

僕の食べ物に対する好みには、

歯応えが、かなり重要な割合を示すようだ。

 

この季節であれば、孟宗。

先のほうの柔らかい部分ではなく、

根元の硬い部分が好み。

家で食べるときに根元のほうは、

僕が担当する。

 

酒の肴では、

焼き鳥(焼きトン)のタン、シロ。

シロは、歯応えというか、

噛めば噛むほど味が出てくる感覚が良い。

それに、するめ。

 

屋台の焼きそばでは、(屋台に限らず)

キャベツは、歯応えが残っていて欲しい。

強火でサッと炒めたやつ。

あくまで、好みなので、じっくり加熱して、

しんなりしたキャベツが好きな人もいるだろう。

 

これを「逆もまたしんなり」と表現する。(うそ)

 

ただ固ければよいのかというと、そうではない。

あくまで、歯応え。

 

ただ、硬ければ良いのであれば、

石でも食ってろとなるが、

そんな意志は無い。

石なんかを食って、医師の世話になる意思もない。

  歯ごたえの

     あるもの 食べたい

          意思は固い

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/19

アタックNo.1

アニメ版が、フレッツスクエアで、第1話から第6話までが

無料だったので、つい見てしまった。

 

子供の頃、見ていたアニメ。

それほど、内容を覚えているわけではないが、

第1話から第6話は、全く記憶に無い。

 

鮎原こずえって、転校生だったのか?

それに、秀才?

親分と呼ばれる理由がわかった。

 

始めは、早川みどりと仲が悪かったんだ。

 

など、すごい発見。

ところで、「叫びたい」と「酒びたり」は、語感が似ている。

(と思うのは僕だけか?)

 

ひらがなで書くと形も似ている。

「さけびたい」と「さけびたり」。

 

アタックNo.1の主題歌に

「青空に 遠く 叫びぃたぃ~」というフレーズがある。

 

このフレーズに適用すると、

「青空に 遠く 酒びぃたりぃ~」となる。

 

如何なものだろう。

  叫びたい

     青空に向かい

          酒びたり

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


アタック No.1 歌詞

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/18

後頭部

毎月、18日は、「頭髪の日」。

記念撮影に続いて、記念撮影。

今回は、後頭部。

後頭部

普段は、自分では、見ることのできない視点からの撮影。

写真を見てビックリ!

現実逃避したくなったが、

現実頭皮を見つめる。

 

ブログに載せて大丈夫か? とも思う。

 

が、考えてみると、

 

自分では見ていないが、

他人の目にはさらされている部分。(サラサラではないが)

 

自分以上に他人に見られるのに慣れている部分。

まあ、いっか。

 

撮影には、セルフタイマーという高等テクニックを使用した。

 

あらためて説明すると、

つまらないものですが・・・。

「後頭」と「高等」をかけたものだ。

ちなみに、こんな高等テクニックもある。

 

『口頭テクニック』

  口だけ達者である事。

  「君の営業は、口頭テクニックだね」等と使う。

 

『口答テクニック』

 切り返しのしゃべりがすごい事。

 

『コート・テクニック』

 寒くなると、素早くコートに身をつつむ事。

 

まだまだ、あるかもしれない。

  後頭部

     高等技術で

          撮影し

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/17

水の音

早朝のわが家の畑。

水の流れる音に誘われ、接写で撮影。

水の音

接写しているから判らないが、(かもしれない)

水が流れているところは用水路。

小川とかではない。

 

水の音

水の流れる音は、心地よい。

 

水の音

特に早朝に聞くと、

澄んだ、気持ちよい音に感じる。

  よぉ! 水路  

     けっこう いい音

                  させてるな

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/16

葉の上の水

早朝、わが家の畑に行った。

朝露がついた葉に向けて、接写。

葉の上の水

背景は、フキの葉。

葉の上の水

(僕的には)非常に満足な写真。

 

 

僕的の目的を達した。

  僕的に  

     目的 達成

                  ご満悦

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

接写撮影-カブ

接写撮影-アケビのつる』に続いて第八弾。

カブ

つぼみ

 「つぼみ」

これは、カブの花。

菜の花ではない。

同じアブラナ科に属し、花だけでは区別がつかない。

少なくとも、僕は、区別がつかない。

 

横向き

 「横向き」

 

  花を見て  

     これはいったい

                  な(ん)の花

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/15

接写撮影-アケビのつる

接写撮影-カッコー』に続いて第七弾。

アケビのつる

 

この季節、僕が楽しみにしているもの(アケビを参照)

巻きついてます

 「巻きついてます」

アケビは、こうやって、何かに巻きついていく。

 

つるを伸ばす

 「つるを伸ばす」

巻きつくものを探しているのだろうか。

 

先っぽ

 「先っぽ」

アケビのつるの先っぽ。

巻きつく相手がいないので、垂れ下がっている。

 

早く伸びろよ!

 「早く伸びろよ!」

巻きつく相手より、早く伸びてしまった。

「俺は、どうすりゃいいんだ」と

思っているのかいないのか。

 

早く伸びろよ! アップ

 「早く伸びろよ! アップ」

先に伸びてしまって、巻きつくところなし。

  早く伸びろ!  

     俺の巻きつく

                  もの がない

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

接写撮影-カッコー

接写撮影-ぶどう』に続いて第六弾。

カッコー

カッコー

 「カッコー」

子供の頃、採って、皮をむいて、その場で食べていた。

みずみずしくて、水分補給にもよかった。

 

カッコーの先

 「カッコーの先」

先っぽをこんなまじかで見るのは初めて。

食べるときに、先っぽは、すぐに捨てていたから。

  道端の  

     カッコー食べて

                  のど うるおす

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

接写撮影-ぶどう

接写撮影-こしあぶら』に続いて第五弾。

ぶどう

ぶどう

 「ぶどう」

ぶどうの花をこんなに間近でみる事は、

今までなかった。

  春の花  

     秋の実の房

                  思い浮かべ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/05/13

接写撮影-こしあぶら

接写撮影-八重桜』に続いて第四弾。

こしあぶら

こしあぶら

 「こしあぶら」

 

フォー!

 「フォー!」

見ていたら、なんとなく、こんなタイトルが。

 

こんなに伸びちゃいました

 「こんなに伸びちゃいました」

  春を待ち  

     陽気な空に

                  「フォー!」 叫ぶ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

接写撮影-八重桜

接写撮影-ばんけ』に続いて第三弾。

八重桜

八重桜

 「八重桜」

わが家の畑には、こんな八重桜が。

 

八重桜 下向き

 「下向き」

何事にも、下向きな情熱を持ちたいものだ。

下向きでは困る。 直向(ひたむき)か。

 

八重桜 横向き

 「横向き」

横向きでは、良いイメージがないか。

前向きということにしよう。

  遅咲きでも  

     ひたむきな こころ

                     幾重にも

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

接写撮影-ばんけ

接写撮影-わらび』に続いて第二弾。

ばんけ。 (方言でふきのとうのこと)

白い花

 「白い花」

ばんけの花もアップにすると、

こんな姿なんだな。

 

白い花達

 「白い花達」

 

こんなに大きくなりました

 「こんなに大きくなりました」

つぼみだったばんけが、こんなに大きくなりました。

  春 告げた  

     つぼみが そだち

                     白き花

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

接写撮影-わらび

花とミツバチ』をきっかけに、接写撮影が楽しくなってきた。

調子に乗り、いくつか撮影した。

その第一弾。 わらび。

こぶし

 「こぶし」

つぼみが、拳のように見え、空に向かって、

こぶしを突き上げてるような。

 

グンッ!

 「グンッ!」

地面にフォーカスが合った。

ドンドン伸びるぞっ。

 

ヨイショ

 「ヨイショ」

やっと出てきたぞっ。

 

コラショ

 「コラショ」

やっと出てきたぞっ をアップに。

  空 向かい  

     こぶしを握って

                  突き上げる

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/11

似た車

駐車場が広すぎると、自分の車を何処に駐車したか

わからなくなるときがある。

車種が違っていても似たようなデザインの車があるので、

かなり近くまで行ってから、ようやく、

自分の車ではないと気付く。

あるとき、仕事の研修で、僕は世話係に。

研修に来た人はホテルとかの宿泊施設ではなく、

会社で用意した一軒家に宿泊する事になっていた。

事情が正確に伝わっていなかったのか、

パジャマを持ってこなかった人がいた。

僕は、その彼を近くの衣料品店に車で連れて行った。

夜7時近くで、辺りも暗く、衣料品店も

まもなく閉店ではないかという時間。

駐車場には、車がまだ多く、

衣料品店の入り口から離れた場所に車を止めた。

僕は車で、彼が来るまで待つ事に。

 

僕は、彼が衣料品店の入り口辺りを

ボケーッと眺め、彼がでてくるのを待つ。

 

彼は、まもなく、出てきた。

 

 

すると、突然、走り出した。

だが、僕の方にではない。

 

「あれっ」と思いながら、

彼の向かっているところに

視線を向けると、

 

一台の車が、駐車場の出口に向かっている。

 

もしかして、彼は、

あの車が、僕の車と

勘違いしているのでは。

 

追い付けず、車は走り去り、

彼は、大きく腕を下向きに振ったようだった。

多分、指を鳴らしたのだろう。

 

僕は、車を降りて、ゆっくりと彼のところに。

「どうしたの?」と僕。

 

「えっ!」とビックリしたような彼。

「おいていかれたと思った」と彼。

 

「そんなこと、するわけないでしょ」と

申し訳ないながらも、笑いながらの僕。 

 

研修のために出張してきた彼にしてみれば、

見知らぬ土地で、置いてけぼりになるのではと、

そうとう、あせった事だろう。

  まぼろしの  

     ぼくの車を

                  追いかける

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございました。


<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/10

花とミツバチ

母の用事に送っていき、待っているときに

車の先に咲いている花が目についた。

 

手元にあった、デジカメで、撮ってみる気になった。

 

今まで、いい感じに撮れたことはないが、

マクロ撮影を試してみる事に。

(拙者の接写撮影)

花

一枚撮った後、ミツバチが飛んできた。

どうせなら、ミツバチが花にとまっているところをと思い、

シャッターを押した。

花とミツバチ

花とミツバチ

それが、この2枚。

 

意外にいい感じに。

僕の中では満足できるでき。

 

ただ一つ、気がかりな事がある。

それは、この花の名前。

  名も知らぬ  

     花に 接写(拙者)

                  ご満悦

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/05/09

アイスクリームの日

5月9日は、アイスクリームの日。

日本アイスクリーム協会なるものがあるのを知った。

知ったのは、いつだろう。 「今日かい?」

 

アイスクリームで、真っ先に思い出すのは、

榊原郁恵が歌う夏のお嬢さん

 

『アイ、スクリーム
  ユー、スクリーム
   好きさー』

「ice-cream」と「I scream」をかけたのだろう。

僕は、甘いものをあまり食べない。

苦手なのではなく、

好んで食べようとは思わないだけ。

 

無性に甘いものを食べたくなるときがある。

そのときに食べるアイスクリーム。

チョコモナカジャンボ

アイスクリームに包まれたチョコの歯ごたえがいい。

(僕は、歯ごたえがあるものが好き)

また、店によって、冷凍庫の温度が微妙に違うのか、

アイスクリームの硬さに違いがある。

 

稀に、歯が立たないくらい、

硬く冷やされたチョコモナカジャンボに出会う。

いくら歯ごたえが好きでも、これじゃあなあ~。

  稀に会う  

     冷えすぎ 硬い

                  チョコモナカ

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


夏のお嬢さん 歌詞

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007/05/08

レモン汁

最近のトマトジュースには、入っていないようだが、

以前は、たしか、レモン汁が入っていた。

(と記憶している)

 

 

友人とトマトジュースを飲んでいたときのこと。

(かなり以前の話)

「なあ、トマトジュースの成分に、レモン汁って

書いてあるけど、なんで、入っているか知ってる?」

と友人。

 

僕は、ちょっと考えて。

「(トマトジュースの)工場で、入れたから」

と、当たり前のような答えを

そっけなく答えた。

 

あまりにも期待から外れた答えで

ムッとする友人。

「もういい!」

そして、すねる。

 

 

なだめて、答えをきいた。

『トマトが酸化して変色するのを防ぐ』だった。

なるほど。

 

バナナの変色を防ぐのにもいいらしい。

試した事はないけど。

今日のなにかのTV番組で「レモン汁」と聞いたとき、そんなことを思い出した。

 

関係ないけど、「レモン汁」と「重んじる」って似ているな~。 

  レモン汁  

     効果を知って

                  重んじる

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

情けは人の為ならず

本来の意味とは違って使われることが多い慣用句。

 

本来の意味は、

『情け(親切など)は、巡り巡って、自分に戻ってくるので、

誰に対しても、親切にしたほうが良い。』

 

  

誤解されている意味は、

『情けをかけることは、その人のためにならないから、

むやみに親切にしないほうが良い』

 (情けは人の為ならず - Wikipedia 参照)

 

 

  

 

  

 

  

いずれ、誤解されている意味が、本来の意味に取って代わるかもしれない。

言葉は、時代時代にあわせて生きているから。

 

 

 

似たような慣用句に 

「なぁ、酒は、人の為ならず」

がある。

『送別会とか歓迎会とかは、口実であり、

人を祝うために行うのではない。

 結局は、自分が酒を飲みたいからやるのだという皮肉。』

(本当か?)

  なあ、酒は  

     人のためより

                  自分のため

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


■関連記事

煮詰まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

アケビ

春になり、春の山菜が芽吹く。

ばんけ(ふきのとう)に始まり、

たらの芽、こごめ、あざみ等など。

 

この時期、僕が最も楽しみにしている一つが、

アケビ。

 

「時期が違うのでは?」には、

「実のほうではなく」と答える。

 

楽しみにしているのは

「アケビのつる」。

アケビ

これから、しっかりしたつるになろうと

伸びようとしている部分。

要は、新芽のようなもの。

 

父と母が、他の山菜といっしょに採ってくる。

僕は、食べる役。

 

さっと、ゆがいて、水につける。

しばらくすると、漬けておいた水が黒くなる。

もう一度、水につけておく。

2回ほど、水を入れ替えて出来上がり。

(写真を撮るのを忘れた)

 

適当な長さに切って、マヨネーズであえて食す。

適度な苦味と食感がいい。

ビールのツマミに好い。

 

春の気分にしてくれるツールの一つ。

昨年のこと。

仕事で遅くなって帰ったら、

テーブルには「アケビのつる」が。

マヨネーズをかけ、ビールを飲みながら食べる。

皿に一盛あったのが、あっという間になくなる。

 

「うまかったな~」と思っていると、

「もっと食べる?」と母の声。

「あるなら、食べる」と僕。

 

目に飛び込んできたのは、

洗面器サイズの容器に

たっぷり入っている「アケビのつる」。

 

そこから、皿に一盛。

更に、皿に一盛を食べる事に。

まあ、好きだからいいんだけど。

まるで、馬にでもなった気分。

  アケビのつる  

     馬にも負けず

                  うまかった

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

安藤兄弟

ゴールデンウイーク中、田沢湖に出かけ、

偶然にも、安藤兄弟のライブにでくわした。

知っていたのではなく、そこで知った。

安藤兄弟

和楽器の演奏があるとアナウンスで流れ、

見やすい場所(駐車場の一画)でのライブだったので

足を止めてみることに。

 

「いいな~、和太鼓の音」。

腹に響いて、気持ちがグッと高まる。

太古から音が響いている感じ。

脳みそをくすぐるような横笛の音色もいい。

演奏する側も楽しそう。

 

MCも適度に観客を盛り上げ楽しい。

安藤兄弟

短い時間だったが、楽しい時間が過ごせた。

偶然がくれた贈り物

  思いがけず  

     太古と笛が

           鳴り響く

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲まず食わず

濁点をとると、

「飲ます食わす」

まるで、意味が正反対。

 

「飲まず食わず」で「飲ます食わす」

自己犠牲の上での接待だろうか。

以前、飲まず食わずで24時間を過ごした事がある。

好んで、そんなことをしたわけではない。

結果的になってだけ。

しかも徹夜。

 

明日、顧客に見せる機械、その調整。

必死に進めているうちに当日の朝。

お客さんが来ると、調整と説明の同時進行。

昼飯どき、お客さんを食事に追い出し、調整の続き。

焦りと緊張で、食欲も湧かない。

ようやく、お客さんが帰って、夜8時。

 

ホッと一息。

誰かがパンと牛乳を買ってきてくれた。

 

刑事の張り込みを連想する。

 

気付いてみれば、前日の夕飯から、

24時間経過していた。

飲まず食わずで。

  焦るなか  

     気付いてみれば

          飲まず食わず

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

譲り合い

車を運転中のこと。

先の交差点の信号が赤だったので、速度を緩めた。

道路沿いにある店から、道路に出ようとする車が見えた。

僕の後ろには後続車がぞろぞろ。

譲ってあげたほうがいいなと思い、少し手前で停止。

「どうぞ」と手で合図。

軽く会釈をしながら、道路に出る車。

 

その後、信号が青になり、発進。

しばらく、その車についていくことに。

 

あるところで、僕の前の車が、

道路に出ようとしている車を譲ってあげていた。

 

ふと、僕が譲った恩を、

別の人に譲る事で、返したんだなと思った。

バトンのように。

 

そして、その恩を受けた人は、また別の人に・・・。

そして、また別の人に・・・。

そんな連鎖が続いて、

いつかまた自分のところに来るのかもしれない。

 

いわゆる、「目には目を歯には歯を」だ。

(いや、ちょっと違う)

譲れるのに、譲れなかった時は、

マイナスの恩というバトンのようなもの。

 

僕の気のせいかもしれないが、

このバトンが自分に戻ってくるのは、早い。

 

どちらのバトンにしても

また、自分のもとに巡ってくるようだ。

(希望的観測)

 

マイナスのバトンは、自分のところで握りつぶし、

プラスのバトンは、どんどん作って渡そう。

しかし、譲る事が、必ずしも良いこととは限らない。

 

プラスのバトンを渡したつもりが、

別の人に倍以上のマイナスのバトンを渡しているかもしれない。 

そのときの状況次第だ。

  譲り合い  

     いつか 自分の

          もとに来る

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

たつ子像の前

昨日、5月2日から一泊で、秋田県の田沢湖に、

両親と共に、車で行ってきた。

 

天気予報では、2日、3日の両日とも雨だったが、

結果は、予想に反した。

2日、車を降りて歩こうとすると、雨がおさまる。

雨が降っているのは、車を運転しているときがほとんど。

3日、朝、小雨。

田沢湖を観光し始めると晴れに。

終いには、暑いくらい。

 

こんな天気になったのも

日頃の行いがよいからか?。

(僕ではなく、両親が)

 

その時に撮った写真の一つ。

たつ子像

右の金色の像が、田沢湖のたつ子像。

左側の何人かの中に僕がいる。

 

そして、真ん中。

岩の上に

立つ 小僧。

 

わかっただろうか?

  たつこ像  

     その前の岩に

          立つ 小僧

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

メール一行詩

メール一行詩を見つけた。

5・7・5の言葉で、メールをやり取りしませんか?

そんなことを投げかけている。

 

TPOにあわせて、例文があり、

送信した一行詩、それに返信の一行詩

が載っている。

素敵な一行詩ばかりで、

思わず、その位置、凝視してしまうほど。

 

このブログでも三行書く命(さんぎょうかくめい)

と思いながら、書き綴っている。

すらっと、思いつくときもあれば、

なかなか、浮かばないときもある。

 

けっこう、頭の体操になる。

(そう大層なものでもないが・・・)

  5 7 5  

     17文字に

          思い込め

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

欧米か!

テレビを見ていたときのこと。

 

「この司会者、じょんだの~」、ふと、父が言う。

 

 

「欧米か!」と、口に出さず、

心の中で突っ込みを入れた。

少し解説。

「この司会者、じょんだの~」の「じょんだ」は、

地元、山形県庄内地方の方言。

意味は、「上手、上手い」のこと。

つまり、「この司会者、(進行が)上手ですね」の意。

 

それが、僕の脳内では、

「この司会者、じょんだの~」

 

「この司会者、ジョンだの~」

 

「この司会者、ジョンですね」

 

「この司会者は、ジョンである」

 

と変換され、

欧米か!」と、鋭い突込みを

心の中で、ひっそりと行った。

 

まあ、それだけのこと。

 

  方言に  

     思わず 突っ込み

          欧米か!

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »