« 安藤兄弟 | トップページ | 情けは人の為ならず »

2007/05/06

アケビ

春になり、春の山菜が芽吹く。

ばんけ(ふきのとう)に始まり、

たらの芽、こごめ、あざみ等など。

 

この時期、僕が最も楽しみにしている一つが、

アケビ。

 

「時期が違うのでは?」には、

「実のほうではなく」と答える。

 

楽しみにしているのは

「アケビのつる」。

アケビ

これから、しっかりしたつるになろうと

伸びようとしている部分。

要は、新芽のようなもの。

 

父と母が、他の山菜といっしょに採ってくる。

僕は、食べる役。

 

さっと、ゆがいて、水につける。

しばらくすると、漬けておいた水が黒くなる。

もう一度、水につけておく。

2回ほど、水を入れ替えて出来上がり。

(写真を撮るのを忘れた)

 

適当な長さに切って、マヨネーズであえて食す。

適度な苦味と食感がいい。

ビールのツマミに好い。

 

春の気分にしてくれるツールの一つ。

昨年のこと。

仕事で遅くなって帰ったら、

テーブルには「アケビのつる」が。

マヨネーズをかけ、ビールを飲みながら食べる。

皿に一盛あったのが、あっという間になくなる。

 

「うまかったな~」と思っていると、

「もっと食べる?」と母の声。

「あるなら、食べる」と僕。

 

目に飛び込んできたのは、

洗面器サイズの容器に

たっぷり入っている「アケビのつる」。

 

そこから、皿に一盛。

更に、皿に一盛を食べる事に。

まあ、好きだからいいんだけど。

まるで、馬にでもなった気分。

  アケビのつる  

     馬にも負けず

                  うまかった

 

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


 

|

« 安藤兄弟 | トップページ | 情けは人の為ならず »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/14980808

この記事へのトラックバック一覧です: アケビ:

« 安藤兄弟 | トップページ | 情けは人の為ならず »