« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/30

以上!

CMで、「水以上の水」なるフレーズが聞こえてきた。

数学的には、「以上」は、「=」(イコール)も含んでいるので、

ただの水でも、「水以上の水」になる。

辞書での意味はどうか。  以上

 

数量をあらわす用法では、基準点を含むが、

それ以外の場合、基準点を含まない。

つまり、「=」(イコール)を含まない。

 

そういえば、今、「それ以外」と書いたが、

基準点を含むとややこしくなる。

「それ」+「それとは違うもの」となり、

いつも全てになってしまう。

 

なんてことを考えている僕は、異常だろうか。

あるイベントを「昨年以上の賑わいです」と評価した場合、

数量をあらわす用法ではないので、

昨年を越えた賑わいという事になる。

「昨年以上の来場者数です。」と評価した場合、

来場者数が、昨年と同じでも良いことになる。

 

まあ、どうでもいいか。

お菓子などを勧められ、

「こちらも、お一つどうぞ」に対し、

「これ以上、食べられません」と答えた場合、

今、勧められている物は、

食べれるのだろうか?

食べられないのだろうか?

 

「これ以上、食べられないのなら、

  これだけは、食べて!」

との返しは、正しいだろうか?

 

それとも、

「これ異常! 食べられません」

の聞き間違いだろうか。

 
 
 

以上、屁理屈でした。

この辺にしておこう。

     屁理屈は  

        もう これイジョウに

                         しときます

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

今日は大暑

今日は、二十四節気の一つ大暑

 

それなりの暑い日だった。

 

これから、もっと暑くなるのだろう。

 

大暑に対処し、耐暑できるようにならなければ。

     これからか  

        大暑に対処

                         耐暑性

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/20

電話の取次ぎ

電話を取次ぐとき、

「忙しくて!

 今、手が離せないから

 後で電話すると言っといて」

等と言われると、

 

「手が話せなくても

  口で話せばいいんだけど」

と、思うのは僕だけだろうか。

 

「だいたい、後でなら

  手が話せる様になるのか?」

と、つっこみをいれる。

 

「そうか、手が話すとなれば手話か。」

「手話が出来るんだ~」

などと、余計な事を考える。

 

テレビを見ている時だと、

「今、目が離せないから

  後で電話する」

となるか。

 

「後でなら、目が話せるのか?」

 

そうか!

 

目は口ほどにものを言うのか。

     「忙しい」  

        手が離せない

                         口 話す

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

天国体質

先日、東京から山形に移動している間に読んだ本。

JRの特急券を参照)

タイトルは、天国体質になる!──仕事を楽しむ52の秘訣

「天国と地獄は同じ場所」

「同じ状況に置かれても”天国”にしてしまう人と ”地獄”にしてしまう人がいるだけ。つまり、天国体質な人と地獄体質が人がいる。」

それならば、天国体質になろう!

それが、主旨。 そして、その天国体質になるための秘訣が載っている。

例えば、『自分と違う意見の人を受け入れられない時』の秘訣。

  『真ん中も左から見れば右!』

そして、そのエピソードが載っている。

 

特効薬となる秘訣かどうかは、人それぞれだと思うが、

ほとんどが、なるほどと思った。

 

僕は、ココはと思う店を見つけると、近いうちに何回か行く。

そうすると、店の人にも覚えられ、いわゆる、常連客に近くなる。

そのあと、足が遠のいたとしても、けっこう覚えてくれているものだ。

 

この方法が、ある秘訣のエピソードとして載っていた。

僕の方法も満更じゃないんだ。

天国体質といっても辛い事から逃れ、

無責任にのほほんとしている事ではない。

そんなことであれば、すぐに

天国退室となってしまうだろう。

 

部屋に居たがらない体質は、

退室体質とでも言うのか。

 

この季節、ジメジメして過ごしにくいが、

それに強いのは耐湿体質とでも言うのか。

     何ごとも  

        天国と 思い

                         楽しんじゃう

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/10

JRの特急券

東京での用事を済ませ、山形に移動。

 

仕事で列車を使う場合、基本的に指定席にする。

自由席が、ほぼ確実でも。

 

今日も帰れそうな時間で、指定席を購入した。

まだ、時間があったので荷物をコインロッカーに預け、

ぶらぶら。

30分ぐらい前に、コインロッカーから荷物をだす。

ふと、連絡しなければならないことを思い出す。

ホームだとアナウンスとかがうるさいから、

ここで電話しよう。

(まだ、改札を入っていない)

 

さっさと終わらせるつもりが、意外に長電話に。

電話を終わって時計を見ると、3分前。

 

走った、走った、走った、

 

間に合わなかった。

 

あと、30秒早ければ!

と悔やんだが、もう遅い。

せっかくの指定席がパー!

 

窓口に行って、次の新幹線の指定席を購入しようとしたら

もう一枚、「指定席特急券」を購入しなければいけないとのこと。

 

僕は、乗り過ごした「指定席特急券」を「自由席特急券」として

使えるのだから、「指定席」分だけ支払う事で「指定席特急券」に

できるのだと思っていた。 

 

が、違っていた。 

「指定席」分のみの購入は、出来ないのだそうだ。 

単に僕が知らなかっただけかもしれないが・・・。
 

☆ 

ずいぶん前の話になるが、

JRがまだ国鉄だった頃のことだったと思う。

新幹線の特急券(自由席の)を先に購入しておいて、

時間が決まったところで、指定席分を購入したことがあると

記憶しているのだが、

記憶違いか、

システムの違いか、

あるいは、自由席からは出来るのか(指定席分の追加購入)

 

もう少し、窓口で、ちゃんと聞けばよかった。

☆ 

まあ、乗り遅れなければ問題ないことなのだが・・・。

次の新幹線の自由席に座る事ができ、無事帰館。

今度からは、気をつけよう。

     乗り遅れ  

        指定席 持ち

                         自由席

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/09

ソルティードックの作り方

茨城での仕事が終わり、東京に移動。

明日、東京に用事があるため東京に宿泊。

東京に宿泊のときに行く、馴染みの店が何軒かある。

今日は、そのうちの一つ、カラオケがあるところ。

 

僕が行ったときには、既にお馴染みの人がいた。

とりあえず、焼酎を飲む。

 

いろいろ話が弾んでるころ、

僕の隣の人が、お店のママにお願いしていた。

「ジンがあるんだったら、ソルティードック、作ってくれる?」

 

ママは、作り方を知らないとのことで、

その客が教えていた。

 

「ほんとは、グレープフルーツを絞るんだけど、

 レモンで代用しよう。

 生レモンある?」

 

「ママレモン?」と聞き間違えの僕。

 

「で、生レモンをしぼったら、

 シェイクするんだけど」と手順を説明する客。

 

「ママレモンを絞って、シェイク?

 泡まみれになるんじゃないの?」と聞き間違いの僕。

 

グラスのふちに塩を盛って(塗って?)、

出来たようだ。

 

僕も一口飲ませてもらったが、

美味しかった。

ママレモンでは、こうはならなかったと思う。

 

この店に来ると、ほぼ確実に歌う曲がある。

テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」の中国語バージョン。

まあ、どうでもいいこと。

     ママレモン  

        ママ、レモンある?

                         生レモン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/08

居酒屋のメニュー

今日は、『もつ焼き長兵衛』が定休日。

他の会社の人と一緒に居酒屋へ。

 

一人から、以前行ったことのある

地下の店は、どうかと提案があった。

 

もう一人が、「地下にある店は

食べ物屋としてはどうかと思う。」

といっていたが、意味が良く分からなかった。

 

あっち、こっち、うろうろするより、

さっさと決めたほうが良かったので、

「地下場(近場)で、良いんじゃない」と提案。

 

注文するため、メニューを見ながら

一人が「『三色納豆』ってなんだ?」と言っていた。

「朝、昼、晩と納豆を食べることかな」と返した。

 

どんなものか気になったメニュー。

『殻付きカキフライ』。

 

「えっ、殻ごとフライにしているの?」という疑問。

それとも、僕が知らないだけ?

実際は、殻にカキフライをのせて出てきた。

殻をつけるのがこだわりだったらしい。

 

飲み食いしながら、

食肉偽装問題が話題になった。

 

一人が、「牛肉と豚肉と混ぜたほうが旨いんだぞ」と言っていたが、

問題なのは、旨いかどうかではなく、表示に偽りがあることだ。

もちろん、言っている本人も分かっている。

 

もう一人が、

「混ぜた肉の呼び方が良いよね」

 

「あいびき」

 

「日本語の奥ゆかしい響を感じる」

と言っていた。

 

「あいびきにく」

「あいびきハンバーグ」

なにか、違うものを連想しそうだ。

 

そんな話題で、酔いはふけてゆく。

     居酒屋の  

        メニューで 今宵は

                      ふけてゆく

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/07

もつ焼き長兵衛・ふたたび

もつ焼き長兵衛

昨日に引き続き、今日も。

 

僕は、気に入ると

つい、連チャンになる。

 

お店のママが、

「二回目、来てくれなかったら

    私の負けなの」

と言っていたのを思い出す。

 

昨日、会った常連客の何人かとも再び会う。

 

今日は、抑えて飲もうと

覚悟を決めて飲む。

 

・もつ焼き

・鮎の塩焼き

を食べた。 

飲むのは、焼酎ばかり。今日は。

(今日は、ちゃんと抑え気味)

 

そういえば、昨日、目光の天ぷらも食べたな~。

 

また、来たいと期待するが、 

次に来れるチャンスは、今のところなさそう。

     連チャンで  

        『常連だぞ』と

                      アピールし

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

もつ焼き長兵衛

明日から土日にかけて仕事。

今日は、そのための移動日。

水戸駅周辺に来ている。

 

今回の出張では、少し楽しみにしている事がある。

事前にネットで水戸駅周辺のもつ焼き屋を探したら

 

 

が、ホテルの近くに見つかったから。

 

僕は、いわずと知れたホルモン好き。

読んで知ってるホルモン好き。

ホルモン占い』参照。

 

どんな店か楽しみにしていた。

扉を開けてのれんをくぐると

常連客の誰かと間違えられた。

 

すぐに誤解は解けたが、おかげで、

お店のお姉さん(元?)との話のきっかけが出来た。

すぐに打ち解け、常連客の人とも話が弾む。

こうなると酒が進むので危ない。

 

・もつ焼き(シロ、ハツ、レバー、タン)

・ホヤ

・イカ刺し 

と好物ばかり食べた。

もっと食べたような気がするが・・・。

 

ビール、サワー、焼酎と久々に飲みすぎたようだ。

 

水戸駅付近に宿泊するときには、

また、たずねてみよう。

     また一軒  

        楽しみな店が

                      見つかった

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

ホルモン占い

今日、ブログで話題になったことって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/05

エコドライブ

「トイレに行きたいから、

  そこのコンビニで止まってくれる?」

と助手席から。

 

「ダメです。」と運転席の僕。

 

僕らを乗せた車は、コンビニの前を通り過ぎる。
(僕が運転しているのだが)

車で出張」の帰りのこと。

何泊かして出張先から帰れることになった。

帰りの時間は、夜の7時ぐらいだったかと思う。

食事を済ませ、さて帰るぞと運転席に座った僕は、

燃料計を見た。

帰りきれる燃料は無い。

ガソリンスタンドに寄ろう。

そう思い、エンジンをかけ、出発した。

車の中には、僕を含めて3人。

 

しばらく走った後、

僕の左横をガソリンスタンドが後ろに流れていった。

 

しまった、ガソリンスタンドに寄れば良かった。

と思ったが、時既に遅し。

 

次のガソリンスタンドで良いやと思い、

車を走らせる。

 

次のガソリンスタントが見つからない。

ちょっと焦る。

 

というのは、これから峠を越えなければいけないのだ。

要は、長い距離、山道を走らなければいけないということ。

 

ガソリンスタンドがあった!

と思ったら、既に閉まっている。

もう閉店か? 時間も時間だし。

 

と走らせているうちに、道がどんどんさびしくなる。

ガソリンスタンドは、ほぼ絶望的。

いまさら、戻れない。

 

エコドライブで、峠を越えよう。

なんとかもつかもしれない。

同乗者の同意を得て、方針を決めた。

 

そこからは、徹底的にエコドライブ。

 

ゆっくり加速

 

せっかく出た速度を無駄にしないよう

ゆっくり減速

 

なるべく止まらない

幸いな事に、山道なので信号が無い。
(全く無いわけではない)

 

対向車が来ないときには、

対向車線を使ってでも、

最短距離を走らせる。

 

山の中なので、携帯もつながらない。

JAFを呼べない。

 

そうこう、走行していると。

遠くにコンビニの明かりが見えてきた。

助手席からは、トイレ休憩の要請。

キッパリ拒否の僕。

エンジンを止めた後、

始動するのに多くの燃料を使うからだ。

 

無情にもコンビニを通り過ぎる。

 

相変わらずのエコドライブ。

 

 

その甲斐あって、ようやくガソリンスタンドの明かりが見えた。

もう、そこだと思ってからは、

エコドライブ解除。

とにかく急いだ。

 

無事、ガソリンスタンドに止まると、

助手席からは、ダッシュでトイレ。

 

残り二人は、ホッとして車の外に。

 

それまでに、入れたことが無いくらい

燃料が入った。

 

タンクの容量から考えると、

あと、1、2リットルしか残っていない事になる。

燃費は、リッター10km程度だったと思う。

 

けっこうやばかったなと、いまさら思う。

 

そこから先は、エコドライブ解除だった。

 

 

助手席の彼にとっては、大変なエコドライブだっただろう。

申し訳ないことをしたと思っている。

     エコドライブ?  

        車を 今は

                      止めたくない

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/07/03

車で出張

「車で行くなら、一緒に乗せてってれ」と頼まれた。

「酒をおごるから」という条件付。

「いいですよ」と快く引き受ける。

三人で、出張する事になった時のこと。

僕は、最初から車で行く事に決めていた。

後の二人は、別の会社の人で、

会社の規定で、出張には、列車やバス等を使うことが

原則となっていた。

 

どうせ、一人(僕)が車で行くのだから、

みんなで行ったほうがお得だ。(何が?)

 

その二人には、他の交通機関を使った際の

旅費が支給される。

その分で酒を飲もうという魂胆だ。(誰の魂胆だ?)

 

が、あまり楽しい酒にはならなかった。

愚痴の聞き役になってしまったから。

 

こんなことなら、一人で飲んだほうが良かったな~。

 

奢ってもらうより、

「同乗するなら、金をくれ」 (家なき子

と言いたかった。

     言えないな~  

        同乗するなら

                      金をくれ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

携帯電話を探せ

携帯電話の置き場所を忘れた場合、

その携帯電話に電話をかけて、

着メロ、振動音を頼りに探すのが有効な手段。

友達のマンションに車で行った時のこと。

 

しばらくしてから、

僕の車で出かけることにした。

 

二人で、マンションから外にでると、

彼が、携帯電話を持っていないこと気付いた。

「ちょっと、携帯を取ってくる」と彼は、部屋に戻った。

 

僕は、車の中で、彼がくるまで待つ。

 

彼の部屋は、五階。

 

僕は、彼が部屋に戻るまでの行動をイメージした。

エレベータに乗る。

(さっき、降りたばかりだから

すぐに開くはず。)

五階に上がる。

エレベータを降りる。

部屋の鍵を開ける。

部屋に入る。

 

僕は、そろそろ良いだろうと思い、

彼の携帯電話に電話をかける。

 

 

そろそろ、携帯電話の場所に気付いたはず。

電話を切る。

 

彼が、外にでてくるまでの行動をイメージした。

部屋の鍵をかける。

エレベータに乗る。
(すぐに扉は、開くだろう)

一階に下りる。

外にでてくる。

 

僕は、ルームミラー越しに

マンションの出口を見る。

 

彼が出てきた。

ドンぴしゃりのタイミング。

自分でもビックリ。

 

彼が、助手席に乗り込みながら言う。

「いやー、電話を鳴らしてくれたんで、

 すぐ見つかった。」

「で、見つけたとたん切れるんだもんな~」

「すんげえ、タイミング。」

それを聞いて、僕も更にビックリ。

 

通話料金を使わないよう

電話に出る前に切ったのだ。

 

我ながら、イメージどうりだったとは

本当にビックリ。

     ナイス・フォロー  

        電話の呼び出し

                      鳴らす時間

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

家族の携帯

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »