« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/25

いきおい

時々、ごく稀に、奇跡的な感じで、

やること成すこと、全てが上手くいくときがある。

今まで、出来なかったことが、

ドンドン出来るようになる。

いわゆる、

 

飛ぶ鳥を落とすいきおい

 

あるいは、

 

向かうところ敵なし

 

の状態。

 

反対に、やること成すこと全てが上手くいかないときがある。

触るもの全てが壊れ、

今まで上手くやっていたことも失敗する。

なんとも情けなくなる。

いわゆる、

 

飛ぶ鳥が落ちるいきおい

 

 

あるいは、

 

 

向かうところ先なし

 

状態。

物事が上達するのは、時間の軸に対して、

少しずつ、上がっていくものではない。

 

ほとんどが、階段のように上達していく。

 

毎日、コツコツとトレーニングしても

上達が実感できない時間が長く続く。

 

あきらめないで、こらえていると、

ある日、突然上達を実感する。

 

また、上達が実感できない時間が続く。

そして、ある日、突然上達を実感する。

 

突然、上達を実感するのは、

日頃のトレーニングの積み重ねが、

なにかの許容範囲を超えて、

脳の神経系統に流れ出るのではないかと思う。

神経系統が、新しくなると、

身体がついていけず、

今までの動きがおかしくなるときもある。(かな? と思う)

 

「向かうところ敵なし」も「向かうところ先なし」も

単なる、未来への動きなのだろうな。

と楽観的に思う、

「今日子のゴロ、走った、走った、一塁セーーーフ!」

 

 

ではなく。今日この頃。

     少しずつ  

        未来の自分に

                         うごいてる

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/09/23

ニュースにて

ご飯を食べながら、ニュースを見ていた。

驚く言葉が、僕の耳を刺激した。

「最近、焼酎学生の間では・・・」

 

どんな学生?

生活は? 勉強は何?

様々な、うらやましい光景が頭をよぎる。

 

 

 

よく考えたら、いや、よく考えなくてもだが、

「最近、小中学生の間では・・・」

の間違いである。

 

なんとも、酔い覚めやらぬ我が耳である。

     しょうちゅうと  

        いえども きみたち

                         未成年

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

焼酎お湯割り

今夜は、お湯割りっと

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/09/21

はかる

「はかる」には、多くの意味がある。

 

図る:

工夫するとかのはかる。

 
計る:

数、時間に関してのはかる。

 

測る:

長さや面積に関してのはかる。

 

量る:

重さや容積に関してのはかる。

 

諮る:

意見を求めたり、相談する事のはかる。

 

謀る:

だますことのはかる。

 

ハかル:

乱筆なカタカナで、「ハ」なのか「ル」なのか推理するときのはかる。

同じように、「ハ」なのか「リ」なのかを推理するときは、「ハかリ」。

信じていた友人に裏切られ、騙されたと判ったとき。

「きさま~! 謀ったな!」

 

体重計に乗っている友人に

「きさま~! 量ったな!」

 

測量をし終わった作業員の方に

「きさま~! 測ったな!」

 

トラブルを上手く解決した同僚に

「きさま~! 図ったな!」

 

時計を見ている友人に

「きさま~! 計ったな!」

 

もういいか・・・。

     体調は   

        毎日 体重

                       ハカリ 知る

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/20

先を読む

どんな仕事でもいえることだと思うが、

始めた当初は、指示されたこと、

今の作業ばかりしか見えず、

作業ペースも判らず、疲れる。

 

また、今の作業が次にどのようにつながるか

見えていないので、トラブルに対応出来ず、あたふたする。

 

次第に仕事の流れが見えてくると

先を読めるようになってくる。

 

あるいは、先のことを意識していると、

次第に読めるようになってくる。

 

仕事に慣れるというのは、

先が読めるようになってくること。

 

仕事が上手いという事は、

読める先が遠くなり、

あらかじめ上手く対応できること。

仕事に慣れるというのは、

酒が飲めるようになってくること。

 

仕事が上手いという事は、

飲める酒が多くなり、

あらかじめウコン携帯できること。

 

 

 

と、いうことでは、決してない。

     先を読み  

        お先に一杯

                         酒を飲む

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/19

血圧計

病院に行くと、電子式のものが何箇所かに設置されていて、

一人で、気軽に計測することが出来る。

今日は、採血のため病院に行った。

待っている間に、体重と血圧をはかる。

 

体重計に乗ると、勝手に測定を始め、

数値が安定したところで、レシートのような紙に印字してくれる。

この紙が詰まっていた。

右手の爪で、レシートの先端を挟む。

ゆっくりと引っ張ると、上手く紙が出てきた。

もう一度測定。

今度は、きちんと印刷されて出てきた。

「77.7」  スリーセブンだ。

ちょっと、ラッキー。

でも、もう6キロほど、落としたいところ。

距離ではなく、重さを。

 

血圧計は、右手を筒のようなところに入れ、

筒が二の腕に来るように肘を通し、

所定のところに押し当てる。

そして、スタートボタンを押す。

筒の中に空気が押し込まれ、

二の腕に圧力がかかる。

こうして、腕に圧力をかけて血圧を測定する。

 

すぐ見えるところに「非常停止」ボタンがある。

おそらく、機械の故障等で、

腕を押さえつける圧力が

あまりにも高くなった場合に

停止させるためのボタンだろう

 

あるいは、測定中は、むやみに腕

肘を動かさないようにというメッセージだろう。

 

非常停止

ひじょう停止

ひじを停止 

     押してみたい  

        非常じゃないのに

                         停止ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期内閣へ望む

先週の阿部首相辞任から一週間。

次期総理は誰か?

その後は、解散か?

大騒ぎだ。

他人事と思っているわけではないが、

ただ見守るしかない。

いつも、各大臣に誰が任命されるか、

それほど興味を持たない僕だが、

今回の内閣に期待していたことが一つある。

 

舛添要一氏が、厚生労働大臣に就任し、

ムコ多糖症への新薬の認可を約束してくれたこと。

たしか、10月の早い時期に認可させるといっていたと思う。

 

思わず拍手をおくった出来事だったが、

今回の総理辞任で、

また内閣が変わるのか?

厚生労働大臣の約束はどうなるのだ?

それが不安。

 

どうか、止めないで欲しい。

この約束、

見えてきた認可への道。

 

次期内閣にもしっかりと引き継がれ、

早期実現へと動いてほしい。

 

ムコ多糖症支援ネットワーク

     つないだ手  

        はなさず ずっと

                         あるきたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/14

健康診断

今日は、健康診断のフォローで、生活習慣のチェック。

主に食生活のこと。

何に引っ掛かったかといえば、流行のメタボリック。

内臓脂肪が多すぎ。

運動不足が最大の要因だろうと自己分析。

面倒だったのが、栄養士さんとのお話で食生活の説明。

ここ、2ヶ月の食事は、どんなふうか

主食、野菜、肉、魚、卵等に分類し

(実際は、もっと細かい)

分類ごとに量、頻度等をチェック。

 

 

一回の食事で食べる量は、どのくらいか

一週間に何回ぐらい食べるか

んなこと、正確にはこたえられるか?

 

 

嗜好品にいたっては、

せんべい類

チョコレート

プリン、ゼリー

飴、キャラメル

ピーナッツ等ナッツ類

(もっとあっただろうか)

と、分類が細かい。

いい加減、面倒になった。

さてさて、栄養価のバランスというのは重要なのだろうか

偏食は、身体に悪いのだろうか?

 

家の畑で採れたものを食べると、旬の時期は、偏る。

 

 

身体のことを考え、自分なりに食べるものをコントロールしているが、

以前より、脂っこいものは、あまり食べなり、

肉類もそれほど食べなくなった。

おそらく、栄養価でみるとバランスは良くない。

偏っていると思う。

 

 

が、自分の今の身体には、合っていると思う。

 

 

バランスの良い食事に

偏らないよう食べてます

 

 

と言う感じ。

     バランスを  

        身体に合わせて

                         偏らす

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

「身土不二」「一物全体」

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007/09/10

近所の電話

近所の電話の呼び出し音が、よく聞こえる。

(「よく」は、はっきりという意味ではなく、

時々とか、頻度のことを意図している)

うるさいわけではない。

わずらわしいわけでもない。

 

まだ、でないな~。

「誰も電話」と定番のフレーズを思い出す。

 

「電話が鳴ってるぞ」と教えてあげたほうがいいだろうか。

が、何処の電話が鳴っているか分からない。

 

じゃあ、事前に電話で確認するか。

順番に、「今、電話が鳴ってませんか?」と聞くか。

「鳴ったから、とったんだけど」と返事が返ってくるだけだ。

 

電話にでなかったところが、鳴っている家のはず。

そもそも、他のところからの電話が鳴っているときは、

呼び出し音が鳴るのだろうか?

(多分、通話中の音だろう)

 

まあ、これで、電話が鳴っていた家が特定できる。

 

まだ、電話が鳴っている。

 

さて、電話で教えてあげるか。

「電話、鳴ってますよ~!」

 

なんてことに、思いを巡らした。

実際に行動はしていない。(念のため)

     電話なり  

        「鳴ってますよ」と

                         電話する

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


■関連記事

電話をかける

はい、もしもし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/06

磯の香り

海に向かってドライブ。

海が近くなったので、車の窓を少し開ける。

あぁ、もう近いな。 そんな、においがしてきた。

 

「シソの香りがしてきた。 もう近いね。」

助手席に向かって、二人ごとをいってみる。

 

「ふっ」と鼻で笑ったような音が聞こえたあとに

「そうだね」と、笑顔の声。

 

なんかへんな事を言ったか?

ちょっと考える。

 

あっ、そうか。 

「『シソ』」じゃあないな。」

「『磯』か『潮』だな! 

 それが混じって『シソ』になったのか」

と、分析しながら独り言。

 

「わざと言ったのかと思った。」と助手席から。

 

いつもは、わざと言うが、この時は・・・。

 

「紛らわしくて、間違いやすいよね」と僕。

「そんなことはないと思う。」と助手席から速攻の返答。

 

「・・・・」

ちょっと無言。 

 

 

 

「イソ、シソとくれば、

 あとは、ミソと○ソだな。」と僕。

 

「そうだね、ミソとあれしかないね」と

ものわかりの良い助手席。

☆ 

出張先で、仕事が早く終わったので、

一緒に来ていた同僚の女の子と海にプチ・ドライブ。

そのときの会話。 ムードも何もない。

ようやく、到着。

 

波の音が大きく、砂浜がメインではなかった。

言わば、岩場という感じ。

 

 

無邪気に、思いっきり深呼吸して

磯の香を満喫する。

 

「いい、におい!」と彼女。

 

 

 

 

「あっ、ごめんっ」と、

申し訳なさそうに言ってみる僕。

 

 

 

「せっかくのムードが台無し!」とプチ笑顔の彼女。

もの分かりが良い。

 

 

 

目を一ミリ以下に細めて見つめる、遠い日の出来事。

タイトルの「磯の香り」。

「磯野カオリ」にする。

磯野家のカツオ君が思いを寄せる

大空カオリが磯野家に嫁いだのだな~。

 

なんてことに思いを寄せてみる。

     香りよし  

        イソ、シソ、ミソ と

                         あと一つ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/03

郵便局にて

ATM機の前に立つ僕。

操作を終え、指定金額が出てくるのを待つ。

札の取り出し口が開く。

 

札に手をのばし、取り出す。

予想外の厚みにドキリ。 札厚とでも言うか。

ズッシリとくる厚み。

ATMの間違い?

このまま持って行っていいのか?

わくわくしながら札束を見る。

 

 

夏目漱石様


35名

 

 

3万5千円也


想定内の金額だった。

 

なんで、全部、千円札なんだ?

全部、福沢諭吉だったら・・・。

2件の振込みがあって、郵便局に行った。

それぞれ、1万4千円ちょい。

自分の財布の中身も乏しかったので、

3万5千円、引き出すことに。

 

それが、全部千円札とは。

夏目漱石様、35名とは恐れ入った。

 

とりあえず、財布におさめる。

 

この札の厚さ。

金持ちの気分。

 

財布が折り曲げられない。 orz。

 

ともかく、振込みのために窓口へ。

 

「窓口の時間が終了しましたので、また明日、来ていただければ・・・」

と、窓口のお姉さん。

時計を見れば4時5分。 5分過ぎていた。

あらま! しょうがない明日にするか。

 

「ATMでも振り込み出来ますけど・・・」

と、隣の窓口のお姉さん。

 

ああ、そうなんだ。 じゃあ、ATMで。

 

再び、ATMの前に立つ僕。

親切に教えてもらいながら操作。

ATMが口を開け、札を要求してきた。

えっと、1万4千円・・・。

夏目漱石 14名様 ご出発です。

うわっ、数えるのめんどくさっ!

しかも、指先がかさかさで、札が吸い付いてこない。

 

めんどくさいので、適当な枚数を投入。

4名足りないといわれた。

で、4名様追加。

 

無事、一件完了。

 

もう一件。

めんどくさっ!

 

操作画面をみると、

カード、通帳からも振り込める。 

つまり、現金を引き出す必要がなかった。

orz。

 

財布の中身を全て、口座に入金して、

そこから、振り込むかと思ったが、

それも面倒。

 

ちまちま札を数えて、もう一件も無事終了。

ふぅ~。

 

一人で、バタバタした郵便局内ATM前の出来事。

     バタバタと

        夏目漱石

                     入り乱れ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »