« 初心者とベテランの狭間 | トップページ | 二周年 »

2008/06/15

岩手・宮城内陸地震

テレビを見ながら、ちょっと遅めの朝食。

警告音とともに「地震速報」のテロップ。

 

「東北地方に地震」が読み取られた。

 

どこ?

 

2秒ほどあと。

たて揺れが来た。

その後に、横揺れ。

横揺れがずいぶん長い。

倒れてくるものは近くに無い。

箸をとめ、座ったまま、辺りを見回す。

まだか、まだか、まだか、と様子をうかがう。

横揺れが弱まるが、まだ、ゆっくり、ゆっくりと揺れている。

 

ようやく、おさまった。

かなり長い時間に感じた。

ホッと一息ついて、テレビをNHKに切り替える。

地震情報をみる。

 

昨日の朝の出来事。


直ぐには、被害状況が分からなかったが、

午後になって、被害状況の報道を見た。

被害の大きさに驚く。

 

なにも出来ることが無く。

行方不明者の無事、これ以上に被害が拡がりませんようにと祈るばかり。


午後に、東京の知人からメールが届く。

久し振りのメール。

「そちらはどう?」

こんなときのメールは特別うれしい。

こちらは、(山形県鶴岡市)なにも被害が無いことを返信。


今回、初めて、緊急地震速報で、

地震を感じる前に地震速報(テレビで)を見たが、

なにも出来なかった。

 

どこかで地震があった、その速報ととらえたから。

 

僕の感覚では、ゆれを感じる2秒ぐらい前に速報がでた。

15秒前に速報できた地域もあるようだ。

 

せっかくある、緊急地震速報。

少しでも被害が少なくなるよう利用しなければ。


|

« 初心者とベテランの狭間 | トップページ | 二周年 »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

すもーるげーとさんの所に被害がなくて良かったです。

こういう時って、時間が経つにつれ、被害が広がっていくのが心配ですね。

緊急地震速報が、何時間か前に出されるようになると、被害も最小限で食い止められるのでしょうか?

いつこられても大丈夫のように、準備だけはしておかないといけないと思いつつ、なかなかできません。

余震に気をつけて下さいね。

投稿: こまち | 2008/06/15 15:43

>こまちさん
コメントありがとうございます。

時間が経つにつれ、被害の実態が分かり、その大きさに驚くばかりです。
緊急地震速報は、何十秒か前を通知するのが精一杯のようです。ただ、日頃から訓練していれば十秒でもかなりのことが出来て、被害を抑えることが出来ると聞いたことがあります。
いつ災害が起きてもいいように準備をすることが大切だとは思うのですが、なかなか出来ませんよね。

投稿: すもーるげーと | 2008/06/16 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/41539173

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・宮城内陸地震:

« 初心者とベテランの狭間 | トップページ | 二周年 »