« ラジオから | トップページ | 七変化 »

2008/09/15

円周率を利用する

円周率、約3.14、円の直径に対する円周の比率。

仕事では、ときどき計算のために使用するが、

日常生活では、ほとんど意識して使ったことがなかった。

 

つい先日、円筒形の容器に、ある食材を詰めた。

ふたをしたが、密閉性のあるふたではない。

食材は、水分を含んでいるので隙間があればこぼれてしまう。

(傾けたりすればだが)

食材を詰めた容器を運搬させるときに、

なるべくなら、こぼしたくない。

容器とふたの隙間にテープを貼ることにした。

 

さて、このテープの長さをどうしたらいいだろう。

なるべく一本で無駄のない長さにして、貼りたい。

テープは、セロテープ台の様なところに収まっている。

直線的に、引っ張り出して長さを決めたい。

 

ここで、円周率3.14の出番。

テープを台から引っ張り出し、容器の直径の3.14倍にすれば

ちょうどピッタリ貼ることができる計算になる。

 

誤差を含めて、3.5倍ほどにした。

そのテープを貼った。 足りなかった。

円周率って、そういう値じゃなかったっけ?

世の中、計算通りにはいかない?

 

いや、単なる僕の計り方の間違い。 

見間違い。

情けない。

 

円周率って、こうやって使うんだとわかった出来事。

だれでも、やっているか・・・。

  外周を  

     計算したが 

                    見間違い

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


|

« ラジオから | トップページ | 七変化 »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/42468986

この記事へのトラックバック一覧です: 円周率を利用する:

« ラジオから | トップページ | 七変化 »