« 携帯水没 | トップページ | 畑の冬支度 »

2008/11/30

柿送る

知り合いからの頂き物の庄内柿が、家での消費量を超えたので

関東圏の友達、二人におすそ分けした。

携帯メールで、「柿、要る?」と問い合わせし、

事前に送ることを了解してもらってから送った。

宅配便の手続きをし、早速メール。

以下がその内容。


件名:火気発想!

本日、クロネコヤマトにて発送しました。
問合せ番号は柿の通り。
****-****-****

量が多いかもしれませんが消費にご協力ください。


柿が届くと、メール内容へのリアクションはまったく無く、

「ご馳走様」、「美味しい」の内容がメールで届いた。

ちょっと、期待はずれ。

 

数日後、一人から、柿をジャムにしたとメールが届いた。

しかも失敗だという。

やわらかくなった柿をジャムにしようと加熱したらしい。

そのジャムからは、強烈な渋みが出たのだそうだ。

で、ネットで検索したら、柿をジャムとか長時間加熱したら

渋みが出たという事例が何件かあったらしい。

その渋みがでたジャムの処理だが、

ケーキや蒸しパンに使うと良いという事例も見つけ、

同じようにやったら、渋みが抜け、美味しく頂けたのだそうだ。

無事、無駄にならずにすんだ。

そんな内容のメールだった。

ジャムは失敗でも、結局、美味しく食べることができたようだ。

 

柿を加熱すると、渋みがでるなんて初めて知った。

チャレンジをしてくれた友に感謝。

  柿の加工   

      火気の使用に

                      要注意

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.534


■関連記事

続・庄内柿

|

« 携帯水没 | トップページ | 畑の冬支度 »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/43253851

この記事へのトラックバック一覧です: 柿送る:

« 携帯水没 | トップページ | 畑の冬支度 »