« ワン・ワン・ワン | トップページ | 三連休終了 »

2008/11/03

階段の電灯

父の入院している病院の階段、休日に来ると消灯されていることがある。

使用しないときは、消灯しておいたほうが良いのだが、

平日は、つけっぱなしが多い。

 

周りの明かりで、真っ暗というわけではないので、

いつもは、暗いまま階段を上る。

 

なぜか、今日は、電灯をつけようと思い、

階段入り口のスイッチに手を伸ばして、スイッチを入れた。

 

点かない。

しょうがない、いつものように、暗い中をあがるか。

 

「こんばんは! 暗いので転ばないでくださいね」と、知った顔の看護師さん。

「スイッチ入れたのに、点かなくて・・・」と、その看護師さん。

 

あっ、看護師さんもスイッチ入れたんだ。

もしかして、僕と同時にスイッチを入れていた?

すごいタイミングだ!

 

看護師さんが入れたスイッチをその瞬間に僕がキャンセルしたことになる。

あるいは逆かもしれないけど。

 

看護師さんも僕も、もう一度スイッチを入れようとは思わず、

あきらめて、暗い中を歩いている。

超エコ。

もともと、点けても点けなくてもいいと思っていたのかもしれない。

 

階段の電灯のスイッチは、上でも下でも入り切りできるように配線してあり、

これを3路スイッチという。

更に階の途中でも入り切りできるようにするには、4路スイッチを用いる。

3路・4路スイッチ

 

そういえば、ちょうど階段に差し掛かったところで、電灯が点いたこともあった。

人を感じて、電灯が自動で点くようになっているのかと思うタイミングだった。

もし、僕がスイッチに手を伸ばさなかったら、そうなっていただろう。

  階段の   

      電灯すぐに

                      キャンセルし

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.528


|

« ワン・ワン・ワン | トップページ | 三連休終了 »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

人を察知すると点く電気、いいですね~♪

夜、遅くに帰って来て誰もいないと家の中は真っ暗でちょっと淋しくなるのですが、部屋に入った瞬間に明るくなると嬉しいですねflair

看護士さんとすもーるげーとさんの気持ちが逆に通じあったんですね(^^♪

投稿: こまち | 2008/11/03 10:57

>こまちさん
看護師さんと気持ちが通じ合ったのか、すごいタイミングでした。
相手の意図をくんで、スイッチに手を伸ばさないほうが良かったな~。
両方で、そう思ったら、やはり電灯は点かなかったか。

投稿: すもーるげーと | 2008/11/05 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/42990481

この記事へのトラックバック一覧です: 階段の電灯:

« ワン・ワン・ワン | トップページ | 三連休終了 »