« 日本語話せます -その3- | トップページ | 日本語話せます -その5- »

2010/01/06

日本語話せます -その4-

以前、中国のアモイに滞在していた時のこと。

 

お世話になっている方は、日本語ペラペラの中国人。

仕事が終わった後、スタッフに日本語を教えていた。

 

彼の口からは、懐かしい文法用語が飛び出す。

なるほど、日本語は、そういう仕組になっているんだ。

と、僕自身も彼の講座を聞いて学習し直し。

 

僕には、日本語を系統立って教えることは出来ない。

系統立って学んだわけではないから。

僕の役目は、もっぱら彼らの話し相手などのサポート。

 

彼らは、習った言葉を僕に使う。

「今、何時ですか?」

「7時10分です」と僕。

ちょっと黙る。

「今、何時ですか?」

また、同じ質問。

「7時11分です」と僕。

 

別の誰かが、僕に向かって

「今、何時ですか?」

「7時12分です」と僕。

 

また、別の誰かが

「今、何時ですか?」

「7時13分です」と僕。

 

いい加減、同じ質問に飽きてくる。

が、彼らは、別の質問を持っているわけではない。

 

英会話の教師の気持ちがわかってきた。

英語圏であれば誰でも良いというわけではない、

辛抱強くなければ務まらないと実感する。

 

時には、ニコニコしながら近寄ってきて、

なんの脈略もなく

「中華料理!」

と言ってきたのもいる。

「中華料理?」と僕が返す。

再び、「中華料理」

訳がわからない。

今日覚えたのが、「中華料理」という単語だったようだ。

ナンチャンにだったので、勝手に「ナンチャン」と呼んでいた。

 

僕の仕事、日本語の話し相手は、

毎日のように続いた。

辛抱強く聞くのはしんどいが、

上達してくるさまを見れることが楽しかった。

 

    今何時?

        わかっているけど

                        これしかない

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.597


|

« 日本語話せます -その3- | トップページ | 日本語話せます -その5- »

小さなアモイ生活」カテゴリの記事

小さな外国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/47220865

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語話せます -その4-:

« 日本語話せます -その3- | トップページ | 日本語話せます -その5- »