« 冬支度の合間 | トップページ | 聖夜 »

2010/12/24

発泡スチロール

軽くて丈夫

密封性も保温性も良く

適度に衝撃も吸収し

運送にはとても便利と思われる発泡スチロール。 

誰に聞いても「うん、そうだ」と応えると思う。

 

そんな発泡スチロールの箱。

畑仕事に使ったりといろいろ活躍するのだが

ついつい、無駄にとっておいてしまう。

その発泡スチロールの箱が積み重なって

いつの間にか通路をふさいでしまったりする。

いわゆる「発泡ふさがり」状態。

 

先日、「よし、ゴミ収集にだすぞ!」と

まとめてゴミ袋に入れる決意をする。

 

そのままだと、袋に入らなかったり

無駄なスペースができるので

手でバリバリと割って適当な大きさにしてゴミ袋に入れる。

 

ひとつぐらいなら面白い作業なのだが

「発泡ふさがり」しているくらいだからけっこうな量。

 

まあ、しょうがないと作業を続ける。

 

バリバリ、バリバリ。

意外に音が大きかったりもする。

 

 

全部終わるとちょっとした満足感。

「発泡ふさがり」を除去。

 

発泡手を尽くした結果

発泡スチロールしか入っていないゴミ袋が六つほど。

 

この発泡スチロール

もとの材料を発泡させているわけだが

発泡率は約50倍だそうだ。

つまり、2%がもとの材料で

98%が気体(炭化水素なのだそうだ)。

 

ゴミ袋を空気で膨らませただけとあまり変りない。

 

さっきの満足感が消えてしまいそうな虚脱感。

 

しょうがないか。

これからは、まとめずに少しずつゴミ出しをすることにしよう。

  手をつくし  

     発泡 づくしだ

                     ゴミの処理  

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.854



|

« 冬支度の合間 | トップページ | 聖夜 »

小さな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91291/50262452

この記事へのトラックバック一覧です: 発泡スチロール:

« 冬支度の合間 | トップページ | 聖夜 »