小さなアモイ生活

2012/08/14

メニューのない店

僕が「もつ好き」なのは、個人的に有名な話。

 

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた時

昼食にと会社のスタッフに近くの店に連れて行ってもらったことがある。

その店は、看板らしきものも無く普通の家かと思うようなところ。

老板(店主)とスタッフは仲が良い様子で何か話していたので

もう何回も来ているのだろう。

庶民的な店のほうが断然美味いことは経験済みなので

どんな美味しいものが頂けるか期待をモツ。

 

その店にはメニューが見当たらず、オーダーはスタッフ任せ。

多分、こんな会話をしている。

 

スタッフ「今日は、何ができる?」

老板「良いのがあるぞ、まあ、冷蔵庫を見てくれ」

 

冷蔵庫を開けるスタッフ。

 

スタッフ「おっ! ○○魚があるじゃないか!」

老板「知ってるね~。これは、○○すると美味いんだ。」

スタッフ「じゃあ、 ○○魚を○○したのをひとつ、それから・・・」

 

そんなやり取りの後、スタッフが僕に向かって

「なにか食べたいものある?」

実は、冷蔵庫を開けた時から目をつけていたものがある。

牛か豚かはわからないが、腸と思われるもの。

それを指差すと

スタッフ「これを食いたいのか? 何だかわかっているのか?」

腸のことを中国語で言えなかったので

下っ腹の辺りを指差した。 

いわゆる、部位サイン。

 

スタッフは、サムズアップ。

 「腸だとわかっているならOK」

 「お前のモツ好きは了解した」

 「その部位サイン、いいね」

 「そういう答え方もあるか」

なんて意味が含まれたサムズアップだと思う。

 

老板は、自分の腸のあたりを指で示し

そのあと、中華鍋で炒めるようなしぐさ。

いわゆる「調理の部位サイン」

 

しばらく、スタッフとぎこちない会話をしながら待つ。

出てきた料理といえば

飯は、おひつで出てきて食い放題。

 

自慢の魚は、おいしいのだが小骨が多くて食いにくい。

で、僕はもっぱら腸というかモツ。 腸旨いといった感じか。

 

その店には2、3回行ったが、

その後、開発の立ち退きで無くなったようだ。

 
 

今となっては、アモイでの思い出の食事。

  なんにする?  

      しめす 調理の

                      部位サイン

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.912



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/05

アモイでバスに乗る


ブログネタ: 究極の2択! 夏の電車、ガマンできるのは?参加数拍手

なるべく、乗り物にはゆったりと乗りたい。

  • ガンガンに涼しいけどスシ詰め
  • 座れ るけどエアコンが効いてない
の選択肢であれば

「座れ るけどエアコンが効いてない」を選ぶ。

 

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた時のこと。

仕事先に行くのには、車で送り迎えをしてもらい快適な生活。

 

ある程度、生活に慣れてからタクシーを使うようになる。

片道20元ぐらいと記憶している。

僕の価値観では2000円ほど。  「一元いくら?」を参照

 

もう少し慣れるとバスを使うようになる。

片道1元。 僕の価値観では100円。

仲良くなったスタッフから乗り方を教えてもらいトライする。

このバスがギュウギュウ詰め。

無理やり頑張って乗る。

 

降りるときは

バス停近くになったら「降りるぞ!」と叫ばないといけない。

もちろん中国語で。

幸い、僕だけが降りるようなことはなく

バス停に停まったらとにかく頑張って降りる。

 

2元のバスもあるということを教えてもらった。

何が違うのかといえば

エアコンが付いているということ。

この快適さに1元値上がりする。 

いや、倍の値段になる。

現地の多くの人はギュウギュウ詰めを選ぶ。

いや、安い方を選ぶ。

 

ギュウギュウ詰めのバスは

マイクロバスサイズ。

エアコン付きは大型バス。

大型バスでもエアコンなしのもあってバス賃は1元。

 

スタッフと一緒の時は、1元のマイクロバスが多く

一人のときは、大型バス。

比較的空いているし、ボタンを押せば降りることを示せるから。

 

が、慣れてくると一人でも

ギュウギュウ詰めにも乗れるようになる。

図々しく自分のやりたいことを示すことが大事と感じる。

 

好んで乗ろうとは思わないが

圧倒的に本数が多いので

乗れるようになるとなにかと便利。

 

おかげで、ずいぶん図々しくなった。

日本に戻って直ぐには

ちょっと図々しかったかもと反省することもしばしば。

 

今、アモイに行ったらバスに乗れるかな~。

 

    エアコンが 

         付いて 一元  

                          いや 2倍

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.817


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

数字を唱える

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

それなりに中国語を話せるようになりたいと思い

自分なりのトレーニングを始めた。

そのひとつが、「中国語の歌を一曲歌えるようになる」こと。

 

この後、数字の読み方というか発音を教えてもらい

目に映る数字を中国語で発音するようにした。

車の番号、電話番号、値段とか。

特に中国語の国語辞典をひくときは

そのページ数を中国語で唱えるように心がけた。

 

これは、僕にとって中国語に慣れる有効な手段だった。

「1945」とか4桁の数字をスラスラ言えるようになると

普段の会話とかテレビのニュースを聞いても

数字だけは敏感に反応して聞き取ることができるようになった。

 

数字は:

ある程度の法則を覚えるといい。

それでも4桁ほどの数字をパッと言うのはそれなりに難しい。

言語のリズム感というか調子がけっこう含まれている。

慣れれば、日本語に訳さなくても理解できる

 

と、簡単な方法の割には

言語に慣れるための要素が

含まれているようだ。

 

あくまで僕の感想。


    慣れるには 

         数字を発音  

                          数多く

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.813


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

そうめん

ブログネタ: そうめん vs ざるそば、夏に食べたいのはどっち?参加数拍手

夏に食べたくなるのは「そうめん」。

一年中、時々食べたくなるのは「ざるそば」

 

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた時のこと。

食べるものは深刻な問題だが

比較的、口に合うものが多かったので

それほど苦労はなかった。

 

が、脂っこいものが多いので

たまにはあっさりしたものが食べたくなる。

この「あっさりしたもの」に関しては口にあうものがなかった。

 

思い出すのは、そうめん、ひやむぎ。

煮たような麺、いや、似たような麺を探して食べようとしたが

望みに叶うつけ汁がない。

それに、ミョウガを薬味にしたかったがなかった。

 

もっと、研究すれば良かったかもしれないが

当面は、そうめんを食べれない

帰国したら真っ先に食べようと

あきらめたというか、覚悟した。

 

その後、帰国した際

真っ先に真っ先に食べたのは「そうめん」ではない。

何を口にしたかは覚えていない。

「そうめん」ではないことだけは覚えている。

    当面は 

        そうめん 食えぬと  

                         覚悟する

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.804


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/13

チクチク

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していた。

 

いちど、かぜを引いたと思われる状況に至ったが

それ以外はまあまあ体調は良好だったと思う。 「かぜ薬」を参照

 

体調がというほどではないが

医者に連れていってもらったことがある。

 

症状は、背中の痒み。

原因がなんなのかわからず

なかなか痒みが消えないし

次第に痛みも伴うようになった。

 

付き添ってもらったかたは

日本語ペラペラなので

非常に心強かった。

 

で、症状を伝えた。

痒みがあることと次第に痛みが伴ってきたこと。

 

「どんな痛みですか?」と聞かれたので(通訳されたうえで)

「チクチクします。」と答えると

「チクチクって何?」と日本語ペラペラの彼が聞いてきた。

 

えっ? チクチクがわかんないの?

彼は、僕の言葉遊び(ダジャレ、オヤジギャグともいわれる)を

ほとんど理解する。 中国の方なのに。

それぐらい、日本語ペラペラなのだ。

(基準がちょっと微妙ではある・・・)

 

その彼が、「チクチク」がわからないというのは意外だった。

 

 

「針で刺されるような感じ」と説明して

通訳してもらった。

 

症状は、おそらく正しく伝わり薬を処方してもらった。

その薬がこれ。

一個でも軟膏。

中国の軟膏

その後、一週間ほどでかゆみも痛みも消えた。

 

「チクチク」と聞けば

ちょくちょくこのことを思い出す。

  「チクチク」を 

        ちょくちょく 思い  

                       出してみる

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.793


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

すべてがQになる

2002年の2月、僕は、中国は福建省アモイ市に滞在していた。

春節で、仕事は休み。

現地のスタッフは、それぞれ故郷へ。

そのスタッフの一人が、家に遊びに来ないかと誘ってくれた。

アモイ市から、バスで2時間ぐらいじゃなかったかと思う。

 

バスの終点では、友達と一緒に奴は待っていてくれた。

奴の名は、「邱」。 日本語では、「きゅう」。

いつも、「きゅうさん」と呼んでいた。

 

彼が、一緒に待っていた友達を紹介してくれた。

「この人は、きゅうさんです。」

そして、もう一人。

「この人は、きゅうさんです。」

こっちもか。

 

そして、きゅうさんの家に移動。

この日は、大晦日にあたる日。

夕食をご馳走になり、ビールなども頂いた。

夜通し起きているのかと思ったら

あっさり、寝ることに。

 

元旦にあたるこの日。

親戚回りをするのだという。

僕も一緒につれまわされる。

 

あちらこちらで、友達に会い

その度、僕に紹介してくれる。

 

「この人は、きゅうさんです」

またか。

 

「この人は、きゅうさんです」

みんな、きゅうさん。

 

「この人も、きゅうさんです」

とならないのは、まだ日本語に慣れてないから。

 

あっちこっち、回った。

が、紹介してくれる人全てが、きゅうさん。

まったくもう。

 

きっと、集落で多い名前(苗字)なのだろう。

 

たしか、二泊三日ぐらいしたかと思う。

アモイ市から出た貴重な体験だった。

 

      ご紹介

             いつも おんなじ

                            きゅうさんです

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.639


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/06

日本語話せます -その4-

以前、中国のアモイに滞在していた時のこと。

 

お世話になっている方は、日本語ペラペラの中国人。

仕事が終わった後、スタッフに日本語を教えていた。

 

彼の口からは、懐かしい文法用語が飛び出す。

なるほど、日本語は、そういう仕組になっているんだ。

と、僕自身も彼の講座を聞いて学習し直し。

 

僕には、日本語を系統立って教えることは出来ない。

系統立って学んだわけではないから。

僕の役目は、もっぱら彼らの話し相手などのサポート。

 

彼らは、習った言葉を僕に使う。

「今、何時ですか?」

「7時10分です」と僕。

ちょっと黙る。

「今、何時ですか?」

また、同じ質問。

「7時11分です」と僕。

 

別の誰かが、僕に向かって

「今、何時ですか?」

「7時12分です」と僕。

 

また、別の誰かが

「今、何時ですか?」

「7時13分です」と僕。

 

いい加減、同じ質問に飽きてくる。

が、彼らは、別の質問を持っているわけではない。

 

英会話の教師の気持ちがわかってきた。

英語圏であれば誰でも良いというわけではない、

辛抱強くなければ務まらないと実感する。

 

時には、ニコニコしながら近寄ってきて、

なんの脈略もなく

「中華料理!」

と言ってきたのもいる。

「中華料理?」と僕が返す。

再び、「中華料理」

訳がわからない。

今日覚えたのが、「中華料理」という単語だったようだ。

ナンチャンにだったので、勝手に「ナンチャン」と呼んでいた。

 

僕の仕事、日本語の話し相手は、

毎日のように続いた。

辛抱強く聞くのはしんどいが、

上達してくるさまを見れることが楽しかった。

 

    今何時?

        わかっているけど

                        これしかない

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。

blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

No.597


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

朋友

以前、中国にいたときのこと。

最初の一ヶ月ぐらいで、帰国することが決まり、

現地で仲良くなったスタッフとはお別れすることになった。

送別会ということで、みんなと食事をし、カラオケに行った。

そのときに歌ってくれたのが、「朋友」。

そのときの感情もあり、すごく気に入った。

その後、再び、中国に行くことになり、

みんなと再会を果たすことになった。

この「朋友」という曲。 

最初に聞いたときは、長淵剛の「乾杯」のような感じに聞こえた。

最近、ラジオで、この曲のメロディーを聴いた。

歌詞は日本語。

気になって調べてみた。

 

歌い手は、すがはらやすのり

 ~すがはらやすのりオフィシャルホームページ~

タイトルは、「友よ」。

 

ラジオでは、ちょっとしか聞けなかった。

ちゃんと聞いてみたい。 CDを買おうか・・・。

 

韓国語でもカバーされていた。

 

  お気に入り

     日本の歌詞にも

          カバーされ

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/18

窓を閉めていい?

毎月、18日は、「頭髪の日」。

 

2002年に中国福建省アモイ市に滞在していたときのこと。

車の助手席に乗せてもらいドライブ。

 

僕が乗ったとき、助手席の窓は全開になっていた。

運転席側は、ほんの少し開いていた。

 

走り始めて、初めのうちは、

窓からの風が気持ちよい。

 

が、次第にホコリが気になった。

目がチカチカする。

 

運転席に向かって、

「窓、閉めていい?」と僕。

 

「えっ、どうして?

  髪が抜けそう?」運転席からの答え。

 

なんてことを言う奴だ。

と思いつつ、

ナイス・突っ込み(いや、ボケか?)と感心する。

 

そんなことは、口に出さず、

「いや、

 ヘアー・スタイルが乱れるので」と僕。

こんな頭なのに。

DSCF0007A

運転席では、笑い声。

  坊主でも

     ヘアースタイル

          気にかける

ランキングへの協力、クリックお願いします。  

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング


■関連記事

後頭部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

得意技

食事、宴会などで出来る簡単な技。

用意するものは、割り箸一組だけ。

タバコとか、ペンでも良く、2本用意する。

得意技 ステップ1

ステップ1

割り箸の片方を、鼻の下に。

鼻と上唇で挟む。

簡単で、誰にでも出来る。

 

 

得意技 ステップ2

ステップ2

割り箸の片方を下あごに。

下唇で挟む。

ちょっと難しい。

 

 

得意技 ステップ3

ステップ3

ステップ1と2でやった事を同時にする。

ステップ2よりちょっと難しい。

 

手軽に始められるので

興味がある人はやってみると良い。

欠点は、かなりへんな顔になること。

いや、それは利点か。

2002年、中国福建省アモイ市に滞在していたときのこと。

日中友好を築くため(本当か?)、

この得意技を披露したことが何度かある。

(普及活動) 

 

好評だった。

(得意技の公表が好評?)

 

アモイでこんな事をやっている人がいたら、

辿ってくると、僕につながるに違いない。

(かもしれない)

  得意技  

     なさけないほど

                    へんな顔

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

ランキングへの協力クリック、ありがとうございます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)